熊谷の男児死亡ひき逃げ 第三者が匿名で懸賞金 埼玉

 2009年、埼玉県熊谷市で発生した死亡ひき逃げ事件について、同市内在住の匿名の男性が300万円の懸賞金の支払いを申し出た。公費や被害者家族ではなく、他人が懸賞金を支払う例はおそらく初めてだ。
 
 事件は同年9月30日午後6時50分ごろ、同市本石の市道で発生した。当時小学4年生だった小関孝徳(こせき たかのり)君(10)は母と2人で楽しい生活を送っていた。元気で無邪気で優しい男の子。そんな孝徳くんが帰宅途中に何者かの運転により犠牲となった。孝徳くんの無念を晴らすべく、母親の代里子さんはチラシを配るなどして独自の捜査を行っている。
 
 今回私費での懸賞金を申し出た男性は名前や動機を公表しないように警察に求めた。こうした善意によって犯人検挙につながる情報が出てくるとよい。警察も捜査対象車両を拡大し、輸出寸前だった車を求めて神奈川県内まで捜査員を派遣したこともあるという。
 
 埼玉県警熊谷署では特別捜査班を設置、自動車運転過失致死と道路交通法違反(ひき逃げ)の容疑で捜査をしている。タイヤ痕などから、孝徳君をひいたのは排気量1800〜2000ccの車とみられている。この事件は上記同罪による死刑がないため10年という時効がある。人を死に至らしめる結果は同じであるのに、殺人とひき逃げでは刑罰に差があることに議論がある。
 
 ひき逃げといっても、少し手が当たってしまったものもあれば、孝徳くん家族がされたように、他人の人生を狂わせることもある。一番怖い思いをした孝徳くんの恐怖を考えれば、時効の存在が何ともやりきれない。
 
 懸賞金の申し出をした善意は匿名でも美しい。しかし、犯人が匿名のままでいることは許すことができない。
 
 埼玉県警熊谷署では情報提供を募っている。
 
※ 令和元年9月30日午前0時に公訴時効が成立する。
★ 息子をひいたのは誰? 母が現場でメモし続けた10万車(朝日新聞・2019/3/31)
★ 《未解決》熊谷市小4男児死亡ひき逃げ事故!《時効まであとわずか》
 
★ 熊谷市(平成21年9月)発生ひき逃げ事件(埼玉県警察本部)
★ ひき逃げ捜査にチラシ印刷無償協力 過去に我が子を失った都内の主婦(本ブログ・10/5/23)
★ 小4ひき逃げ:検挙へ匿名男性が懸賞金 埼玉・熊谷(毎日新聞・10/9/28)
★ 忘れない:小関孝徳君ひき逃げ死から3年 「一件でも多く情報を」(毎日新聞・12/9/28)
 
 

(Visited 57 times, 1 visits today)

熊谷の男児死亡ひき逃げ 第三者が匿名で懸賞金 埼玉」への4件のフィードバック

  • 2019-04-14 @ 6:54 PM
    パーマリンク

    はじめまして。
    この事件を今日ニュース番組で知り、懸賞金カンパの検索からこちらにたどり着きました。
    匿名の方が懸賞金を…
    すごい方がいらっしゃるんですね。
    もう直ぐ時効との事なので、こういった事を今こそ大々的に広めるともっと情報がくるかもですね!
    詳しく貴重な記事をありがとうございました!

    返信
  • 2019-04-14 @ 10:00 PM
    パーマリンク

    >匿名さま
     
    はじめまして。思えばこちらの事件も発生から9年半が立っているのですね。仲良く暮らしていた二人家族を引き裂いた犯人が捕まらないことがもどかしいです。時効直前で捕まる犯人というのは過去にもいます。この事件が未解決で終わらないことを祈りたいです。
     
    稚拙なブログ記事ですが、一人でも多くの人の目に止まり、なにか有力な情報提供がされれば良いと考えております。コメントありがとうございました。

    返信
  • 2019-08-23 @ 10:24 AM
    パーマリンク

    私が
    大人になったら
    警察官になって
    犯人に逮捕状出してやりたいです
    あのお母さんを助けるのです

    返信
  • 2019-08-23 @ 10:26 AM
    パーマリンク

    がんばってください、クルミさん、助けてあげてください!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA