鉄道撮影の鉄道ファンを捜査へ 大阪府警

 
 「撮り鉄」と呼ばれる鉄道を撮影する鉄道ファンが捜査対象となる。大阪府柏原市のJR関西線で14日、鉄道ファンが線路内に入ってお座敷列車「あすか」を撮影しようとした。運転士が気付いて停止したが幸い大きな事故にはならなかった。この時にJR西日本の社員が立ち退くように説得して数人いた鉄道ファンは説得に応じた。この時は府警柏原署員も出動したが、列車を止める意図はなかったと判断して引き上げた。
 
 しかし大阪府警柏原署では、列車のダイヤが乱れたことなどを重視、鉄道営業法違反(鉄道地内立ち入り)や、威力業務妨害、列車往来危険容疑などの適用も検討している。14日の時には午前10時半から1時間ほどにかけて約50人の鉄道ファンが河内竪上駅付近に集まり、うち数人が線路内に立ち入った。
 
 敷地内に入れば不法侵入にもなりうる上、列車と接触すれば大変なことになる。鉄道事故は多数の乗客を危険にさらし、また迷惑をかけることになる。趣味も過ぎると命取りになることを考えなくてはならない。
 
 列車は遊園地のアトラクションではない。多くの命を乗せたインフラの一つであることを肝に銘じて欲しい。想像力の欠如が楽しいはずの趣味を一転、犯罪に変えてしまうこともあるのだ。
 
 
 
★ 「撮り鉄」の”脱線”問題 大阪府警が捜査へ(産経新聞・10/2/20)
★ また「撮り鉄」?お座敷列車止める 滋賀(読売新聞・10/2/20)
★ 鉄ちゃんよ、”鉄道マニア”になれ。(本ブログ・10/2/15)
 
 
 

(Visited 32 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA