大原麗子さんが死去 東京・世田谷の自宅で

 6日夜7時ごろ、女優の大原麗子さんが亡くなっているのを、東京・世田谷区の自宅に駆けつけた成城署員と大原さんの弟が見つけた。大原さんの弟が「2週間前から姉と連絡が取れない」と同署に連絡していた。遺体の状況から死後2週間ほど経過おり、事件性はなく、病死とみられている。大原さんは一人暮らしだった。62歳だった。
 
 「少し愛して、なが~く愛して」がキャッチコピーだった、サントリーのCMでも好演。80年「獅子の時代」、84年「山河燃ゆ」(いずれもNHK)など、多くのドラマや映画、CMに出演、清楚で可愛らしい言動に人気があった。73年に俳優の渡瀬恒彦、80年には森進一と結婚したが、84年に森と離婚している。
 
 東京都文京区出身。大原さんは34年前に発症したギランバレー症候群に苦しんでいたと言われ、99年から治療のために芸能活動を休止していた。
 
 ギランバレー症候群は、筋肉を動かす運動神経が冒され、両手足に力が入らなくなる病気で難病指定されている。
 
 ドラマのNGを集める番組で、こたつに入って男優さんと話すシーンでNGを出した大原さん、「あっ、まちがえちゃったっ」と、可愛らしい言葉を発した後に笑顔で男優さんを見つめていた。
 
 そんな多くのシーンを彩った名女優さんが亡くなってしまった。まだ62歳。非常に残念です。あんないい女にもう会えないのか。心よりご冥福をお祈りいたします。
 

俳優の夏木陽介さんの話
 
 人なつこい大原さんは、遠くから夏木さんを見つけては、「お兄ちゃん、お兄ちゃん」と走ってきた。撮影所の近くで一緒に食事をすることもあり、「今まで接したことのないタイプで、気が合った」という。
 
 ある日、大原さんから「お兄ちゃんのことを好きな子がいるから会ってあげて」と頼まれたことがあった。「僕は自分から好きにならないとだめなんだよ、と断ったけれど、何回かそんなことがあったなぁ。麗子ちゃんは意外と、世話好きだったのかもしれないね」
 
 「花に例えると、朝顔やキキョウ。色に例えるとパステルカラー。着物の似合う風情ある女優さんだった」と大原さんのことを振り返った夏木さん。「年を重ねた今、もう一度共演したかった」と語ったが、かなわぬ夢となった。
(産経新聞・09/8/7)

 
☆ 老いたる女性というものは存在しない。全ての女性は、いくつになっても、もし恋をするならば、もし優しくあるならば、男に無限の瞬間を与える。(ミシュレ)
 
★ 大原麗子さん孤独死 警察が自宅で発見(サンスポ・09/8/7)
★ 女優の大原麗子さん、自宅で死亡 死後2週間経過?(読売新聞・09/8/6)
★ 大原麗子さん死去:62歳、東京・世田谷の自宅で 病死か(毎日新聞・09/8/6)
 
★ ギランバレー症候群(難病情報センター)
★ 持田真樹オフィシャルサイト(19歳の時、「女優なら大原麗子さんが目標」と言っていた)
  
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
 
 

(Visited 27 times, 1 visits today)

大原麗子さんが死去 東京・世田谷の自宅で」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA