心の殺人犯を追う、警視庁の女性刑事

 強制わいせつや強姦といった事件に児童が巻き込まれる例が後を絶たない。小児性愛であるロリコン趣味は、かつてアンダーグラウンドであった。一部のマニアがこっそり楽しんでいるものであった。趣味というのは何でもそうであるが、比較的少数派である嗜好や趣味というのは他人に理解されなくても自分だけが楽しんでいればいいという側面があった。
 
 それがネットの進歩により、面識のない未成年と大人が簡単に出会えるようになった。昔なら会えるはずがなかったから、自分だけで楽しんでいれば良かったものが、出会いが現実的になったことで抑えが効かなくなってしまったのである。
 
 警視庁捜査一課で性犯罪被害者支援を担当する、女性巡査部長(39)の携帯電話には1枚の絵が待ち受け画面として保存してある。巡査部長をモデルとした女性の全身像と「お仕事頑張ってください」のメッセージになっている。巡査部長が担当した性犯罪事件の調書作成中に、時間をもてあましていた被害女児に紙とペンを渡したところ、描いた絵をプレゼントされたものだ。巡査部長は「携帯電話を見るたびに、この女の子のことを思い出して自分の励みにしたい」と述べている。
 
 巡査部長は捜査一課に配属されてから10数人の被害者支援を担当し、うち半数は13歳未満の女児。被害者の心のケアに努めつつ、容疑者に結びつく情報を引き出して、性犯罪の検挙と抑止を担う。
 
 東京地裁で11歳女児2人に対する強姦と強制わいせつ罪で起訴された男(37)の公判があり、被害女児の父親が法廷で意見陳述を行った。
 
 「娘は犯人の跡を必死でぬぐおうと、シャワーを浴びていた。警察署で事情を聴かれるとき、手を固く握りしめながら話す姿に胸がいっぱいになった。年端もいかない子供を汚すなんて・・」

 「被害者は、いつ同じ容疑者に合うかもしれないという恐怖感を常に抱いている。それだけに、容疑者が捕まることですごく安心する」と、巡査部長は言う。ある女児に容疑者逮捕を伝えたときに、「私もお姉ちゃんみたいな女性警察官になりたい」と言われたそうだ。
 
 個人主義が当然となり、他人の言動に興味が向かなくなったことにより、不審者に気づくことも少なくなったのかもしれない。子供が被害に遭う事件は、それがトラウマとなり一生つきまとうことも十分にある。汚い大人の餌食にならないためにも、不審者の動向に目を光らせる必要がある。抵抗できない子供に対する卑劣な犯罪は何としても阻止しなければならない。

 全国で平成18年に強制わいせつの被害者となった未成年者は4534人、強姦事件は808人である。しかしこれらの数も、あくまで警察が認知した数に過ぎない。
  
 
☆ 人気blogランキング(国内ニュース)に登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
☆ 時が癒やす?時が病気だったらどうするの?(『ベルリン・天使の詩』)
 
★ 敵は心の殺人 警視庁・巡査部長 被害女児の優しさ励み(産経新聞・08/10/5)
★ 幼女レイプ被害者数統計 (少年犯罪データベース)
 
 

(Visited 105 times, 1 visits today)

コメント

  1. […] ★ わいせつ公務員の税金無駄遣い止まぬ(本ブログ・09/2/11) ★ 心の殺人犯を追う、警視庁の女性刑事(本ブログ・08/10/10)   […]