兵庫・小野市に「いじめ担当課」(2006.12.18)

 兵庫県小野市は来年度から、いじめ問題を専門に扱う「いじめ担当課」の親切を決めた。学校のみならず、福祉施設での高齢者間のいじめ、虐待やDVにも対応するという。
 
 全国的にも初めてであろうこうした試みは、いじめ問題撲滅に一役買うことになるだろう。学校の中で教師に相談しても解決せずに苦しんでいる子供たちが多いことを考えれば、学外で専門機関があるのは心強い。迅速な対応が期待できる。
 
 市民の要望をすぐにやる「すぐやる課」という部署が全国の自治体に存在するが、その先駆けは千葉県松戸市だ。当時の松本清市長(薬のチェーン店「マツモトキヨシ」創設者)が始めたことである。
 
 役所というのは、問題をどこに持ち込んでいいのか分かりにくい部分がある。問題が起きたときに、たらい回しされることなくすぐに対応してくれるのは、市民との距離を近くする上で有効なことだろう。
 
 「いじめ担当課」は心強いが、本来ならば当事者の周辺環境だけで解決すべき問題である。それが機能していないところが何とも寂しいことではある。
 
 
(2015/11/18追記)
小野市ホームページを見ると、現在で該当する部署はない模様です。ご承知おきください。
 
 
☆ 人気blogランキングに登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ 子供・恋人、いじめ何でも対応、兵庫・小野市が担当課
 
 

(Visited 9 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA