障害者の雇用拡大

 障害者の就職件数も過去最高の38882件だという。専門、技術分野の雇用が拡大している。就職難だった少し前は、障害者の就職も困難を極めていた。未だに容易ではないだろうが、IT関連などがそれを牽引しているのなら喜ばしいことである。
 
 IT関連会社は若い人の雇用を後押しした。アイディアと瞬発力、PCの技術に長けている青年が多くの会社を立ち上げた。PCのモニタでしかその内容を把握できないものだとしても、雇用を生み出し、地域相手にしかできなかった商売を、全国のお客さんを相手に商売ができるようになったのは今までになかった流れである。
 
 障害のある人もそうでない人も、置かれている環境を受け入れて、その中で頑張って生きていくしかないのだろう。周辺環境が個人個人違う。しかし、生まれてきたときというスタートライン、人生の終わりであるゴールはその身分に関係なく平等である。
 
 
☆ 炎が上に広がり、小石が下に落ちるごとく、人間は行動するために生まれついている。 何の仕事にも携わっていないのは、人間にとって存在してないことと同じである。(ヴォルテール )
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 景気回復「バブル期」抜く公算 庶民に実感、なお時間 (産経新聞・06/5/1)
★ 障がい者専門の総合就職・転職サイトはゼネラルパートナーズ 
 
 

(Visited 7 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA