制服のボタン

 学校の制服というのは便利である。私服だと着て行くものを考えなくてはならないが、制服にはその必要がない。ボタンを毎日上までかける毎朝は窮屈な作業であったが、それから解放されると少しさみしい気分になったものである。大人になるとボタンはネクタイとなって、社会の一員を自覚させてくれた。
 
 今まで知らなかったのだが、卒業式で男子が女子にあげる第二ボタン。なぜ第二なんだろうと思っていたが、先日友人に「ハートに一番近いから」を教わった。
 
 人生を歩んでいると、何かを卒業する節目が必ずやってくる。そんな時に、第二ボタンをあげられるような人に近くにいてもらおう。そう思う。
 
 
☆ あなたと一緒に歩く時は、ぼくはいつもボタンに花をつけているような感じがします。(サッカレー)
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
★ 判事が執務中に卑わいなメール(本ブログ・05/11/21)  
 
 

(Visited 13 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA