医療一覧

お年寄りと接する”常識”の変化

     ”中高年のアイドル”と言われている綾小路きみまろさん。1時間のライブに多くの中高年層が訪れていた。たくさんの毒舌を吐いているが、それが人気の秘密の...

記事を読む

NO IMAGE

脳の場所特定「他人の不幸喜ぶ」「ねたむ」

 人をねたむ感情と人の不幸を喜ぶ感情をつかさどる脳の場所が特定され、2つの感情は密接に関係していた。放射線医学総合研究所などのグループが、機能的磁気共鳴断層撮影...

記事を読む

NO IMAGE

眠れない方に眠れる方法【冬バージョン】

   春一番が吹いた東京ですが、なかなか寝付けない方に眠ることのできる技を開発しました。  夜、暖房器具を一切オフにします。  寒いですから、風邪...

記事を読む

NO IMAGE

交通事故で69歳死亡 14病院、16回拒否 兵庫・伊丹(2009.2.5)

 兵庫県伊丹市で先月20日、交通事故で重傷を負った男性(69)が、救急搬送の歳に14病院に受け入れを拒否され、事故から3時間後に出血性ショックで死亡していたこと...

記事を読む

NO IMAGE

「医師の車」を緊急車両に

   8年前、自宅療養していた祖父が肺がんで他界した。「入院と自宅療養とどちらがいいですか?」と聞かれ、迷わず後者を選んだ。比較的、病院からは近かったとはいえ...

記事を読む

NO IMAGE

薬のネット販売、賛成・反対?

 ネットのアフェリエイトに参加している事から、そのIT企業からメールがあった。「来年に薬事法の改正でネットで薬が売れなくなる。厚労省の定義には根拠がない。署名に...

記事を読む

NO IMAGE

黒字経営を続けている病院 兵庫

 全国的に医師が不足し、閉鎖や業務縮小がされている病院が多い中で、黒字経営を続けている病院がある。兵庫県養父(やぶ)市にある、公立八鹿(ようか)病院である。病院...

記事を読む

NO IMAGE

消えていく記憶 認知症の南田洋子さん

   「アルバイト?学生さん?うちの息子の時代はね、安保安保、革命だーって、ずいぶん心配させられましたよ。ありがとう。元気でね」。    南田洋子が最後に...

記事を読む

NO IMAGE

南田洋子さんの認知症「介護は恩返し」長門裕之

認知症に罹患した南田洋子さんを献身的に介護する長門裕之さん。

記事を読む

NO IMAGE

難病・遠位型ミオパチーと向き合う人

 遠位型ミオパチーという病気がある。体の中心部分より遠い手足の指先から筋力が低下していく病気であり、100万人に2〜3人の難病とされている。衰えた筋肉は脂肪に変...

記事を読む

NO IMAGE

難病指定、7つ追加 魚鱗癬など 厚生労働省(2008.6.23)

 福岡県内に住む小学生の男の子。腕白で朗らかなところは普通の小学生と何ら変わりはない。しかし他の子と大きく違うところがあった。彼は難病である魚鱗癬(ぎょりんせん...

記事を読む

NO IMAGE

ばい菌だらけのPCキーボード

   前の職場で複数人が利用するコンピュータがあった。しかし、キーボードやマウスなどを前の人が使った状態で再び使うとちょっと勇気が要る。マウスは握るとしっとり...

記事を読む

NO IMAGE

適応障害?

 最初は仕事自体に不慣れなこともあり、適度な緊張感しかなかったのだが、仕事が分かってくるようになると過度なプレッシャーを感じるようになった。3ヶ月が過ぎよう...

記事を読む

NO IMAGE

「薬害は存在しない」

 20歳の頃、急性A型肝炎で入院したことがある。身体がだるくなり、横になっていないと辛い。食欲も落ちた。黄疸も出て、肝臓の腫れが引くまで入院していた。肝炎ウイル...

記事を読む

NO IMAGE

薬害肝炎 厚労省に不快感

 厚生労働省内の倉庫から、血液製剤「フィブリノゲン」によるC型肝炎に感染した疑いの強い患者のリストが放置されていた問題。厚労省は行政指導にも限界があるなどとし、...

記事を読む