死ぬ権利を実行した女性、息を引き取る 米国・オレゴン州

 
 
 末期の脳腫瘍のため激しい痛みに晒されていた女性が自ら尊厳死を選んだ。29歳。
 
 米国・オレゴン州のブリタニー・メイナードさんは、今年の1月に末期の脳腫瘍と診断され、尊厳死を選択できるオレゴン州に移り住んだ。尊厳死支援団体がブリタニーさんについて動画投稿サイトに動画を発表したところ、大きな反響があったという。
 
 「私は尊厳を持った死を選択し、今日がその日です。世界は美しく、旅は多くのことを教えてくれ、親友や仲間たちは多くのものを与えてくれた。さようなら」などとソーシャルメディアに投稿した。

 ブリタニーさんは、医師から処方された薬物を自ら投与し、家族に看取られて息を引き取った。
 
 国内外で議論を呼んだ。アメリカUSA TODAY紙では反対意見として、

「脳のガンで亡くなることはとても怖いことだが、伝統的なカトリックの家で育った人間としては自殺は受け入れられない」(”Brain cancer is a horrific way to die but, being raised traditional Catholic, suicide still a no-no.)

というコメントがあった。
 
 彼女の行為は自殺か。自然死以外は事故死か自殺である。彼女の行為が宿命づけられていたのだとしたら、それは自然死になりうるかもしれない。
 
 病気の苦しみはなった者にしか分からない。死の選択もそれをなした者にしか分からない。人の宿命とは闇である。いずれ誰もが死を迎える。その死に際して、国内外から議論が起こる尊厳というものを彼女は手に入れた。尊厳もなく死に至る人もいるというのに、である。
 
 
☆ 人気ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ Brittany Maynard, right-to-die advocate, ends her life(USA TODAY・14/11/2)
★ 脳腫瘍女性が「尊厳死」実行 ネットで宣言、議論呼ぶ 米(時事通信・14/11/3)
 
 
 
 

古都・東京

 英語学習番組を見ていたら、アシスタントの女性がアメリカの首都としてワシントン州を指していた。メインキャスターに「ワシントンD.C.はこっちね」と訂正されていたが、ワシントン州は西海岸で、首都ワシントンD.C.(Washinton, District of Columbia)は東海岸であり、メリーランド州とヴァージニア州に挟まれたところに位置する。
 
 専門番組のアシスタントですらうっかり間違えて覚えている首都の位置。名前や地理が曖昧なのは外国人にとって仕方のないことなのかもしれない。
 
 外国人には有名だと思われていた首都東京。ところが、古都京都と混合、勘違いされていることが多いと判明した。「トーキョー」も「キョート」もひっくり返せばそうなるのであり、両方連呼していると間違える外国人も多いのだろう。京都に行ったのに「東京を観光した」という外国人もいるのだというから驚きである。せめて首都くらいは覚えて欲しいものだが。 
 
 東京五輪が開催されることで、名前も地理的要素も理解が進むことになるだろう。コンパクトで機能的な東京が世界にしれるよい機会である。
 
 外国人が東京を見るに当たって印象的だった記事を見つけた。それは、「東京は近代的でビルが建ち並んでいると思ったが、果てしなくビルが建ち並んでいた」といった内容のコメントだ。高層ビルから東京の街並みを眺めると、確かにひたすらビルが隙間なく作られている。これ見よがしに経済発展の矛先が地に着いている感じがする。
 
 それに比べて京都のほうは、高さ規制などの景観が条例で保たれており、歴史的建造物を守る姿勢が貫かれている。芸者ガールの本場でもあり、自然美と人工美の融合は東京はかなわないところである。

 ニューヨーク・タイムズの東京支局長は「長らく日本に住んでいるが、新宿に着物を作る町があることを2年前にようやく知った。東京にもそういう場所があることをアピールすべきだ」と述べた。(産経ニュース・14/10/21)
  

 それはしらなかった・・・。
 
 Tokyo is the capital city of Japan located in the eastern Japan. On the other hand, Kyoto is famous for its historic buildings and situated in the western Japan. By the way, Mt. Fuji is in eastern Japan and is closer to Tokyo than Kyoto.
 
 
☆ 人気ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 「TOKYO」以外と知られていない 「京都」と間違われる”屈辱”(産経ニュース・14/10/21)
 
 
 

革命を起こす傘 香港

 一国の社会が変化するときは独裁主義と民主主義がぶつかったときである。香港で、民主化を求める学生らが香港中心部に集まり香港政府に抗議している。「傘の革命」といわれている。
 
 かつてのフィリピンやイラク、リビアなどでも独裁政治に嫌気がさした国民が立ち上がった。エジプトを発端にした”アラブの春”ではフェイスブックなどのSNSが重要な役割を果たした。
 
 海外での出来事について、我々は報道の伝える部分しか分からなかったが、今では素人がそれを発信する。インターネットを自由に使い、表現・言論の自由という、日本ではほとんど当然の権利が他国でも担保されているかどうかが、その国の自由度を測る一つの指針となりうる。
 
 映像投稿サイトYouTubeに投稿された映像では、女子学生が世界に向けて「香港を助けてください」と題し、「この映像を見ている人には投票する自由があるでしょうが、私たちにはない」などと訴えかけている。
 
 民主国家といわれる国でも必ずしも100%の民主主義が保たれているわけではない。投票による結果が、その後の国民生活に難題を強いるときもあるからだ。
 
 だから、時として国民は声を上げなくてはならない。その声が、届くはずである。その声に共感してくれる世界の誰かに。
 
 そして、社会の変化に政府と国民がぶつかるなどではなく、自国の文化と他国の文化が出会い、社会が変わるような穏やかな”衝突”を願う。そのためには、その先見性を確保するための教育、そしてやはり声を上げ続けなくてはいけない。
 
 革命は「傘」が起こすのではなく、傘を持った人の言葉が起こすのである。香港の”雨”が早くやみますように。
 
 
☆ 人気ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 

 
★ 香港民主化デモ(ハフィントンポスト・14/10/1) 
 
 

ホームでの救出劇、オーストラリアでも 50人が協力

 
 オーストラリア西部パースのスターリング(Stirling) 駅で6日、電車に乗り込んだ男性がホームと電車の間に片足が転落した。駅スタッフが10分かけて救出しようとしたが全く動かなかった。その光景を見ていた乗客が自然と集まり、およそ50人が協力し、車両を押して傾けて男性を救出した。男性は無事で、電車は15分遅れて出発した。
 
 同様の事は昨年7月にさいたま市内のJR南浦和駅で起きた。女性がホームから転落したが、乗客ら駅員が協力して女性を救出する事ができた。
 
 さらにその昔、1986年(昭和61年)に国鉄北浦和駅(当時)で、午前7時過ぎに女子生徒(16)が入ってきた電車と接触して電車とホームのあいだに挟まれた。女生徒はぐったりとし、自力で上がれなくなった。付近にいた駅員や乗客ら十数人が協力し、電車を押し傾けて女子生徒を救出した。女子生徒は2週間のケガで「めまいがしてふらついた」と語っていた。
 
 パースの駅や南浦和の駅の写真を見て清々しいなと思うのは、救出している人たちの顔が映っていない事である。いつも利用している駅に、人知れず他人を助けた人たちがさり気なく電車が来るのを待っている日常が存在するのである。
 
 昨年の南浦和駅の救出劇では、乗客らが「せーの!」と掛け声を上げて重い車体を傾けた。パースの駅ではなんと言ったのだろう。「ワン・ツー・スリー!」だろうか。「スリーと同時か、スリーを言った後か」などと言っている暇は、善意の瞬間にはきっとなかったのであろう。
 
 
★ Commuters Tilt Train to Rescue Man Who Got Stuck in the Gap(TIME・14/8/6)