配信サービスの可能性

 
 草なぎ剛、稲垣吾郎、香取慎吾の3人が出演した「72時間ホンネテレビ」はネットテレビの新たな可能性を見た気がする。出演した3人は所属していた事務所を退所し、別の事務所に移籍になったこと奏功した。もともと演出を自由にできるネット世界で配信されることがちょうどよかった。
 
 ところで、ネット配信というとユーチューバーの活躍が目覚ましい。ホンネテレビにも出演した、ヒカキンやはじめしゃちょーは視聴回数が億に達する人気者である。例えばヒカキンであれば最初は「ヒューマンビートボックス」、つまり、自分でベースや電子ドラムの音などをマイク一本で表現するパフォーマンスを披露することから始まった。
 
 配信するには、いくつの方法がある。
 
 Ustreamはアカウントを作成し、スマホ1つで時間無制限配信・録画が可能であるが、無料アカウントの場合、録画したものは1ヶ月で消える。ツイットキャスティング(ツイキャス)も無料でスマホ1つでの配信できるが、30分で一度配信終了となる。長時間配信には独自の「支持するシステム」が一定数あることが必須。
 
 YouTubeの場合、「YouTube Live」というサービスがある。PCを使っての作業となり、スマホのみでは不可。これを利用するには、YouTubeアカウントを持っていて、アカウント認証が必要であること。つまり、YouTubeを利用していて著作権侵害などYouTubeのガイドラインに引っかかっている人はだめであるということ。これをクリアにして、今度は配信に必要なエンコーダーソフト(有料・無料あり)を使って配信作業をすることになるので、少々勉強が必要となる。理解できれば、ゲームの実況やテレビ放送なみの演出も可能であり、高度な機材を使うことで放送局のような番組作りも可能。
 
 ネットを通じて有名になった人や日の目を見るような話題もある。こうしたサービスを使って発信してみてはいかがであろうか。自分の世界も広がるし、見る人の視野を広げる事を助けるかもしれない。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 

Moto G4 Plusの簡易レビュー(2018.1.4更新)

 3年以上使っていたスマホとお別れし、19年続けてきたドコモとの契約も終え、ナンバーポータビリティを使って別の業者と電話回線契約した。スマホはMotorolaの、MotoG4 Plusである。本稿はその簡易レビューです。
 
 箱を開けたらいきなり本体が登場した。
20160909_2104581
 
 本体を取り出したら、電源コードなどが無造作に置かれていた。
20160909_210509
 
 値段の割に見た目がチープであるというレビューが見られた。背面カバーがプラスティックなところが安っぽいということですが、カバーを装着して使用すればこれは全く問題になりません。鏡のような高級感を持たせたカバーも売っているので、気になる方はカバーの購入で解決できます。
 
 地図アプリを起動しても電子コンパスがない、今どきなんなの?といいたくなる部分も分かりますが、紙の地図を見ていると思えば問題は解決できます。自分がどっちを向いているか分かりにくくなったというだけです。生きていれば自分の方向性が混乱することはあり得ることです。なお、GPSは当然についております。
 
 FOMAプラスエリアに非対応という問題があるようです。が、そんな人里離れた山奥などに行かなければ問題は解決できます。(参考:FOMAサービスエリア
 
 おサイフケータイ機能がありません。しかしうっかりすれば無駄遣いになりやすいことをセーブできるのですから、そう考えるだけで問題は瞬時に解決できます。
 
 今どき、防水防塵機能がありませんが、濡れた手を拭いて、落ち着いた雰囲気の環境で使うことで問題は解決できます。
 
 ワンセグがありません。東日本大震災の時、反射的に使ったワンセグで情報を得て心を落ち着かせることが出来ました。災害時の情報収集は重要であり、ワンセグが無いのは残念です。
 
 
 
 が、
 
 
 
 FMラジオで問題は解決できます。なぜかFMラジオアプリが搭載されており、これを起動すると、イヤホン(マイク)をアンテナ代わりにしてFMラジオを受信できます。
 
 特筆すべきはSIMカードのデュアルスタンバイです。SIMカードを入れるスロットが2個あるのです。例えば、一つはドコモの「カケホーダイプラン」(税抜き2700円)のSIMカードをセットし、もう一つに格安データ通信(税抜き1000円程度)のSIMカードをセットすれば、これまでのキャリア契約よりもはるかに安上がりです。一つのスロットにドコモ、もう一つにソフトバンク、なんていう使い方も可能です。
 
 指紋認証の早さも素晴らしいです。今まで指紋認証がうさんくさいと思っていたかた、画面下に単体で用意されている指紋センサーに指を置いてください。ロックの解除がこんなに簡単なのかと感動します。
 
 特定のアクションで機能する”Actions”も良いですね。例えば、MotoG4を持って丸いドアノブを2回ガチャガチャ回すようなアクションをすると、ロック状態であってもカメラが起動します。被写体を逃しませんね。置いてあるMotoG4を手にとって時間を確かめようとすると時間がうっすら浮き上がります。私の視線、見てたんですかね。これは振動を検知して時間を表示するものですよ。
 
 まだあります。MotoG4を持って包丁で切るようなアクションをすると、LEDライトが点灯します。同じアクションで消灯します。闇に生きるかたには嬉しい機能ですね。あとは本体表示を伏せておくと通知や着信音がしなくなります。着信音が鳴って電話を持ち上げるとバイブレーションに切り替わります。これらの機能は当然オン・オフができますよ。
 
 キャリアに縛られていないので、シンプルなGOOGLE系のアプリのみプリインストールされています。削除不能な余計なアプリが無いのは本当にすっきりして良いですね。
 
 どの画面でもホームボタンを長押しすることで、表示されている内容の関連情報を検索またはシェアできるようになっている所なんか面倒くさがりな貴殿にうってつけですね。ホーム画面から左にスライドすると「Googleナウ」が起動して自分に関連する話題やスケジュールなどが出てきますよ。iOS10と同じですね。
 
 パソコンみたいにユーザーの切り替えができます。通常は自分専用ですが、「電話貸して」と不意に友人に言われても友人アカウントを設定した状態で貸せばいいですね。自分のスマホは死んでも人に見せられないですが、これなら安心して見せられますね。
 
 何がすごいって、Motorolaの日本語サイトにMotoG4の商品説明が皆無であるということです。日本国内で売る気が無かったのでしょうか。
 
 私が一番最初に手にした携帯電話がモトローラ社製でした。今のケータイに比べると巨大でした。あの時の手触りがMotoG4の背面パネルに継承されているような気がしてとてもお気に入りです。短所もありますが長所も多くカメラの性能も高いMotoG4Plus、いかがでしょうか。前述のように現時点で公式ウエブサイトが無いので、興味のある方は検索して情報収集をお勧めします。
 

 本機をアップデートするには、設定→(一番下の)電話情報→システムアップデート を選択します。
 
 

カスタム検索


 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ Moto g4 plus モトローラジャパン
  

TuneCore JAPANで音楽配信に挑戦

 もともとパソコンを始めたのが作曲がしたかったからなのだが、ここへ来て個人でも手軽に音楽配信できるようになった。個人でも販売できるということである。
  
 tunecoreJAPANというサイトで無料でアカウントを作成。音楽ファイル(wav)とジャケット写真、曲や歌の情報を入力して登録する。すると、tunecoreJAPANから「配信審査を受け付けました」というメール、そしてその90分後に「配信手続開始」のメールが来た。これにて配信が始まったことになる。
 
 登録した曲は、”Idol In Summer”というタイトルで、アーティスト名は私、”Nono”である。実際に検索してみて一番早かったのが「kkbox」での配信だった。これが確認できるまで27時間程度。他の所はどうなっているかというと、以下のようになっていた。
 
 iTunes Store(日本)では、タイトルが「アイドル・イン・サマー」、アーティストが「のの」。
 
 iTunes Store(英国)では、”Idol In Summer”、”Nono”となっていて、ウクライナ版でも同じだった。
 
 iTunes Store(中国)では、、、ストアがない。。。ということを確認したら、iTunesミュージックの「中国」から「日本」やその他の国に戻れなくなった。焦ったが左上にある、「ムービー」をクリックして下にスクロールすると、右下に中国国旗が出てきてそこから脱出した。
 
 アマゾンでは、「アイドル・イン・サマー」、「Nono」となっている。
  
 Amazon.comの場合は、”Idol In Summer”、”Nono”となっている。

 
 レコチョクでは、「アイドル・イン・サマー」、「Nono」。
 
 ストリーミングサービスのSpotifyについてはどうなってるか分かりません。。。
 
 一番早く配信の確認ができた「kkbox」では、”Idol In Summer”、”NoNo”となっていた。
 
 曲名や表記にばらつきがあるが、これは私が登録したときのミス(?)によるもの。国内外での表記を全て、”Idol In Summer”、”Nono”にすればよかったが、国内の表記の部分に「のの」と入力したために、iTunesStore日本版では「のの」と平仮名になった。「のの」なんて名乗ったことなかったのに。(※こちらも参考に→「登録したアーティスト名と配信ストアの表記が違う」tunecoreJAPAN
 
 こうした楽曲情報は本契約年である1年間固定され、その間は修正することができないので、日本語表記と外国語表記をするかたは留意してください。契約年数は、シングル、アルバム、リングトーン(着信音)ともに、1年、2年、3年とあり、長期のほうが割安となる。
 
 
※ 違法ダウンロードサイトがあったら検索結果に出さないように要請します。
★ 著作権侵害の報告(Google)
★ 著作権侵害による削除(の申し立ての結果・Google)
 
★ 違法アップロード・違法ダウンロード対策に効果てきめんのGOOGLE八分(playism・2014/7/18)
 
 名前だけでも世界に競合が多く憂鬱になりますが、興味ある方は視聴だけでもしてくださいませ。
 

 ※2018/10/22 追記 
 
 私のチャンネルは廃止いたしました。
 
 

 
 

【動画】怒る→笑う

 
 注意する人たちも必死です。
 

 
 消防隊員も警察官もお疲れ様です。
 

 
 ちょっとうっかりですかね。
 

 
 交差点で客待ちするタクシーが問題になっているようです。
 

 
 シンプルな技ですね。
 

 
 授業中の携帯電話は世界の先生を困らせているようです。
 

 
 コントロールが素晴らしい。
 
それでは、楽しいものもご覧ください。
 

 
 私的なことですが、ブラインドタッチ(タッチメソッド)はタイプライターで覚えました。
 

 
 リハーサルに費やした時間も合ったはず。素晴らしい!
 

 
 (笑)
 
 率先して楽しいことを考える人たちって素晴らしいですね。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 【動画】演奏中に携帯電話が・・ そのとき演奏者は・・・(本ブログ・12/1/25)