* 20190510 ノイズキャンペーンとストリートシアター

0:06 見知らぬ男が通過。
0:12 見知らぬ男が通過。
0:19 大型トラックが短時間で往復する。
0:29 ここを通過する必要のない大型トラックが通過する。
0:44 飛行機が家の上を通過する。
1:03 本日の騒音源その1。
1:21 本日の騒音源その2。
1:42 朝に通過した大型車両が集結していた。
2:48 見知らぬ男によるストリートシアター(小芝居)。
3:36 白い車が通るが、後にUターンして私を追い越す。
3:51 白のプリウスの後方にシャツを着た男がいる。この男はこのあと家に来ることになる。
4:16 さっきの男はうちに来るがインターホン押すことも配達することもなく消えた。
5:12 見知らぬ女性と犬。
 
 大型車両を引き連れたのは静岡県田方郡函南町にある有限会社樹佐という会社のようです。3月8日にも家の前を通過しています。2ヶ月が経ちましたが、いつになったらあの家は完成するのでしょうか。

 私有地内に出入りし、騒音や振動の被害を与えている場合、憲法13条(幸福追求権)や同25条(生存権)の侵害です。法人であるならば法律は守ってください。
 

不適切投稿された食べ物

 「バイトテロ」などとも呼ばれている不適切投稿が相次いでいる。コンビニやピザ店、回転寿司での悪趣味な映像が伝播している状況だ。コンビニの映像は、お客さんがいれば見られてもおかしくない所で動画を撮影している。ピザ店は厨房の奥、回転寿司はカウンター席の反対側だったか。
 
 回転寿司チェーン店側は今回不適切な行動をとった従業員に対して、民事と刑事での訴訟を検討していると聞く。実質的な損害だけではなく、信用失墜行為に一定の歯止めをかけるのも訴えを起こす理由があるようだ。事業所側に一定の理解を示す向きもあり、他社も追随する可能性がある。
 
 事業所は今後、新しい人材の採用時にネットへの投稿などについて理解を教育したほうがよいであろう。特に若い人は生まれたときからインターネットがあり、情報を片手で操ることができるスマートフォンの存在が当たり前になっている。取り返しのつかないことになるということがどういうことかを繰り返し教える必要がある。
 
 事業所に対して働くひとへの賃金を是正すべきという声もある。実力のある者とそうでない者の給与に差をつけることで責任感が増すことになり、不祥事になる前に自らが襟を正すことが期待でき、効果があることは間違いがないのでそうするべきであろう。
 
 この手の騒ぎを見ていると、日本がどれだけ食に恵まれた国であるかということに気付かされる。若い人の周りにはスマートフォンがあるのと同じく、コンビニやファストフードがあり、スーパーでも食材に困ることはない。食べることに困るような国であれば食べられるものを粗末に扱う事などできないはずだ。
 
 シーズンになると大量廃棄される食べ物も同じである。食べることのできる物に対する「もったいない」の気持ちを常に考えておきたい。

安全と質

 
 「安全第一」という言葉があるが、これはどんな人にも平等に当てはまる言葉である。思想の左右や立場の上下、そして洋の東西を問わない。もっと言えば「安全第一」の対象は人間だけにとどまらない。他の動物や植物がその種子を絶やすことのない安全な状態、空気であるといえる。「安全第一」には続きがあり、品質第二、生産第三となる。かつてはその順番が逆で、生産第一であったという。次が品質で最後に安全であった。
 
 「生産性」という言葉は、「生産過程に投入される生産要素が生産物の算出に貢献する程度」(デジタル大辞泉)、しかし、「最先端の工作機械を導入したとしても、それを操作する人が未熟であったり、操作ミスをしてしまったりすると、工作機械はうまく作動せず、故障を起こしてしまうこともある」(日本生産性本部)とある。
 
 一人の議員が発したとされる、特定の人たちは「生産性がない」という発言に注目が集まった。その意見に反対であれば、一議員のことはともかく、未来へつながる議論へとつないだほうが建設的である。身の回りが便利になること、それを考えて実践することは自分を喜ばせることになり、他人を幸せにし、そして社会を一歩前進させる礎となる。これまでも考えることをやめなかった人たちの行動が地球を潤してきた。有言実行、これからもきっとそうである。
 
 引き合いに出すのは申し訳ないが、自らが難病である進行性筋ジストロフィを発症しつつも、介護医療機器会社のHNI(ハンディネットワークインターナショナル)を設立した春山満さんが2014年2月に亡くなった。60歳。首から下が動かなかった「車いす社長」であったが、コーヒーやジュースをストローで飲み、移動は社員が数人一緒になって移動する。介護現場に手を入れる必要があったという思いで社員と一緒に会社を運営してきた。専務取締役である妻の由子さんは満さんの病気を承知した上で結婚した。
 
 民主主義を標榜する荘厳な議会があったとしても、中で働く議員がうまく機能していなければ、必然的に生産性が低いということになる。安全や質を無視した議会運営というのは何も生産することはなく、その視野を国内外の未来に広げることはできないであろう。
 
 
★ 株式会社ハンディネットワークインターナショナル 
★ 車いす社長・春山満は何を残したか?ピンチに動じない大局観と明日への希望(THE PAGE/2014/5/3)
★ 筋ジストロフィー(難病情報センター/公益財団法人難病医学研究財団)
 

化学物質過敏症 得られぬ理解

 
 以前、集合住宅に住む化学物質過敏症(Multiple Chemical Sensitivity)とおぼしき未成年の姉妹の家を訪問したことがある。香り(化学物質)が強く感じてしまい、向かいのマンションで干してある洗濯物の匂いに耐えることができずに窓を締め切ってしまうのだという。家での洗濯は石鹸で済ますらしい。
 
 ある飲食店では「香水の強い女性がいて飲食できない。なんとかしてほしい」という苦情があったらしいが、その香水をつけた女性を追い出すわけにも行かず対応に苦慮したとのことである。結局、苦情の申告をしたお客さんが帰ってしまったとのことである。
 
 化学物質過敏症ではなくとも、最近の洗剤や整髪料などの匂いが強いと感じることがある。香料を扱う会社も匂いのない製品を積極的に扱ってほしいし、自然素材由来の衣類や食器類などを積極的に使ってみたい。そしてそうした症状で苦しんでいる人達がいることを我々は知るべきである。
 
 どういうものが身近にあるか。スプレー類、香料類、芳香剤、防虫剤、洗剤、柔軟剤、化粧品、マニキュア、タバコ、線香類、印刷物などであり、あって当たり前のものばかりだ。しかし病気の認知が周囲に及ぶことがなく、なかなか理解がされないという。その中での生活は困難を極める。おかしいな、と思ったたら医療機関に相談を。
 
 
★ 「化学物質過敏症」を知っていますか?(TBSラジオ・2017/3/13)
 
★ オーガニックコットンのハーモネイチャー