法曹一覧

NO IMAGE

2009年のニュースを振り返る・4【時効の是非】

 今年は時効の議論が活発になった年でもある。時効の成立によって真相究明に終止符が打たれる。しかしながら凶悪事件の被害者やその家族の無念さははかり知ることはなく、...

記事を読む

NO IMAGE

2009年のニュースを振り返る・3【裁判員裁判制度】

 「ああ、何かニュースでやっていたな」「ひどいことする犯人だねえ」と、他人事のようにつぶやいていた裁判に、一般市民が参加する裁判員制度裁判が5月から始まった。正...

記事を読む

NO IMAGE

判決を復唱し・・元アイドルの女性の有罪判決に想う

   「懲役1年6月、執行猶予3年」。トップアイドルとして不動の地位にいたにもかかわらず、一気に転落した女性。台湾、香港、そして中国メディアもトップ級で報じた...

記事を読む

NO IMAGE

「感極まった」検察官が涙の求刑 交通事故公判で 松江地裁(2009.11.6)

 検察側は禁固6年を求刑し、弁護側は寛大な刑を求めた。自動車運転過失致死罪に問われた、元アルバイト店員の女性被告(当時19)は、平成20年8月、松江市の国道で乗...

記事を読む

NO IMAGE

教え子暴行46件、元小学校教諭・M被告に懲役30年の最高刑 広島地裁(2009.9.14)

 多数の教え子の女児に性的暴行を繰り返し、強姦、同未遂、強制わいせつ、児童福祉法違反の罪に問われていた、広島県三原市中之島、元小学校教諭M被告(43)の判決が広...

記事を読む

NO IMAGE

老老介護の現実  進行する高齢化の問題

 このブログの中に「本日人気のあるエントリ」というのがあり、アクセスの多いものが並んでいる。最近は見なくなったが、かつては「南田洋子の認知症『介護は恩返し』長門...

記事を読む

NO IMAGE

どんな被告に対しても冷静な判断できるか 裁判員裁判

 青森地裁で3例目の裁判員裁判があった。強盗強姦罪などの罪に問われた男性被告(22)を審理することになったが、被告が罪を認めていることから量刑が焦点となった。被...

記事を読む

裁判員裁判の未来 その時のための心構えとは

裁判員の心構えとは何だろう。

記事を読む

NO IMAGE

「違法捜査だった」服役中の道警元警部が証言 =”S”を使った冤罪=(2009.8.1)

 97年にロシア人船員が銃刀法違反で逮捕された事件を巡り、元北海道警警部(55)や道警幹部らが、捜査書類の偽造や偽証、おとり捜査を隠蔽していたとされる事件があっ...

記事を読む

NO IMAGE

結婚控えた女性に乱暴、女性は自殺 2被告に懲役刑 大阪地裁

人の人生を壊した男たち。

記事を読む

NO IMAGE

多い死体遺棄事件

 ここのところ死体遺棄事件が多いような気がする。親が死んだが葬儀代がなくて放置したという事件や、山口県下関市では民家の床下から3人の女性の遺体が見つかった。以前...

記事を読む

NO IMAGE

時効成立 井の頭公園バラバラ殺人

 容疑者も真相も時効とともに闇に消えた。平成6年(94年)4月23日に、東京・三鷹市の都立井の頭恩賜公園内で、近くに住む一級建築士、川村誠一さん(当時35)の遺...

記事を読む

NO IMAGE

時効の殺人 民事賠償確定へ 最高裁

 1978年(昭和53年)、東京都足立区内の小学校の女性教諭(当時29)が殺害され、26年後に遺体が見つかった事件で、殺害を認めて出頭した同じ小学校で警備員をし...

記事を読む

NO IMAGE

「大麻欲しさに万引き」の被告に、「バカ」と裁判官

バカと言わなくても良いと思う。

記事を読む

NO IMAGE

2人に死刑、1人に無期判決 名古屋・闇サイト殺人 名古屋地裁(2009.3.18)

 2007年8月24日、名古屋市千種区内で男3人に拉致された派遣社員、Iさん(当時31歳)が金などを奪われたあとに殺害された”闇サイト殺人”で、名古屋地方裁判所...

記事を読む