「男はつらいよ お帰り 寅さん」 レビュー

 冒頭は、小説家となった満男(吉岡秀隆)が夢を見て目覚めるところから始まる。おなじみのオープニングの歌は桑田佳祐が歌う。
 
 妻の七回忌が実家である柴又で行われる。母のさくら(倍賞千恵子)、父の博(前田吟)ら近所の人たちも集まる。そんなおり、昔の恋人である泉(後藤久美子)が偶然現れることになる。
 
 満男やその家族は折に触れて寅次郎(渥美清)を思い出すのである。
 
 
満男 「おじさん、人間はなんのために生きてるのかな」
 
寅 「お前、難しいこと聞くなぁ。うーん、なんていうかな。生まれてきてよかったなってことがなんべんかあるじゃない。そのために人間生きてんじゃないのか?」
 
 
 生きるとはなんぞや、という問いがあるが、生きていくことは生まれてきてよかったと感じるために生きることなのだろう。生きることはそのために喜び、悲しみ、怒り、を探すために前に進むこと。ただ存在することではなく、止まらないこと。
 
 若さというのは経験しておくべきである。その思い出を語るにはあまりに微笑ましく、自分のことですら羨ましくなるからだ。
 
 そしていつしか、誰かが各々の記憶に振り向いたとき、寅さんみたいな存在を思い出せるような。
 
 「お帰り、寅さん」という小説が書かれたとしたら、終わりなき恋愛が何編も続きそうである。終わりそうで終わらない、寅さんの希望ではなく読み手の希望が続きそうである。
 
 

 

2020年「半沢直樹」最終回レビュー

 昭和の時代に生まれた人たちが昔は持っていたものがある。それは「青臭い正義感」である。
 
 かつての刑事ドラマなどを見ていても、情熱的で熱い気持ちを持った刑事が悪を憎む構図が描かれていた。そしてその大半はハッピーエンドで終わり、見るものをスッキリさせてくれた。そんなにうまくいくはずもない、そう思いつつもそうしたドラマや映画に魅了させられた。
 
 時代は昭和から平成に変わり、より「現実に近いもの」を追求する描写が増えた。必ずしも見るものを安堵させるのではなく、何か残像を残したような、奇妙な後味の作品が増えた気がした。
 
 「半沢直樹」は、大声でタンカを切り、明快に悪をやっつけるという部分において視聴者の支持を得たドラマである。苦境に陥るかと思いきや、最後のどんでん返しで見るものを安心させてくれた。
 
 実際にあのように大声を出して相手を威嚇するようなことは問題になるかもしれないが、今の私たちは少し静かになりすぎたのかもしれない。
 
 もし何か苦しいことが起きたら、決して一人で抱え込むべきではない。その苦しみをメモに書いておくことも有用なのだという。相談相手を求めてネットで検索する方法もある。また、嫌な情報から距離を置くことも重要だ。NPOや国の相談窓口もあるのでまずは身近な「半沢直樹」を探すことは決して無駄なことではない。
 
 
 それにしても、部屋の中を花でいっぱいにするというのはなかなかいいものである。自然に生まれた鮮やかな色と香りが心を豊かにする。そして、一輪々々に刻まれた花言葉が人を勇気づける。そこでは花が花に語りかけるのである。
 
 こういうご時世であり、忘れがちであるので覚えておきたいことがある。今は握りこぶしで相手と”握手”をするが、そのうち必ず、手のひらを広げて握手をする時が戻ってくる。当たり前のことを当たり前にできる準備をしておきたい。怒りや我慢の握りこぶしを解いて、花を咲かせたい。
 
 
★ 花言葉・由来
★ 日曜劇場『半沢直樹』|TBSテレビ
 
半沢直樹 堺雅人
半沢花  上戸彩
渡真利忍 及川光博
黒崎俊一 片岡愛之助
 
森山 雅弘 賀来賢人 
三木重行 角田晃広
 
伊佐山泰二 市川猿之助
乃原 正太 筒井道隆
三笠 洋一郎 古田新太
女将・智美 井川遥
 
白井亜希子 江口のりこ
箕部啓治 柄本明
中野渡謙 北大路欣也
大和田暁 香川照之
 

☆ 竹内結子(Yuko Takeuchi Official Web Site)

 

「コブラ会 シーズン 1」簡易レビュー

 「コブラ会 シーズン1」というドラマが2018年からアメリカで放送されているようである。結論から言うと、映画「ベスト・キッド」のファンの人は絶対に見たほうがいい。
 
 時は34年が経過した世界であり、コブラ会の優等生だったジョニー・ローレンス(ウイリアム・ザブカ)は生活が荒れて酒浸りの日々を送っていた。一方でライバルであったダニエル・ラルーソー(ラルフ・マッチオ)は自動車販売チェーンを経営し大成功を収めている。
 
 ジョニーは「コブラ会」を作り、もう一度空手で人生をやり直すことを決める。一番弟子には不良に絡まれて凹んでいた少年ミゲルが入会する。
 
 かつての映画を見た時は、塀のペンキ塗りや車のワックスがけなど意味があるのだろうか、いや映画だからいいじゃないか、と思っていたが、また出た。
 
 ジョニーは弟子のミゲルにトイレ掃除などの”雑用”をやらせることになる。2018年である。80年代ではない。和暦で言うなら昭和は終わり、平成は過ぎ、時代は令和である。ああいう”訓練”は実際の空手に照らし合わせてどれくらいの意味があるのだろう。
 
 「コブラ会」本編では、「ベスト・キッド」の懐かしいシーンも随所に織り込まれている。ミスターミヤギも当然出てくる。出てくるといえば、懐かしのあの場所やあの場所、そしてあの場所もあの人も、そしてあの人も登場するし、あの音楽も当然流れる。くどいようだがファンの方は絶対に見るべきだ。敵に情けは無用だ。
 
 少し登場人物に言及すると、「コブラ会」ジョニーの一番弟子がミゲル、ミゲルの恋人はサム、サムの父親はダニエル。そして「ミヤギ道」ダニエルの一番弟子がロビー、ロビーの父親はジョニー、という具合なのでご留意いただきたい。
 
 シーズン1でもトーナメントのシーンがある。準決勝で選手の紹介があり、飛んだり跳ねたりする強い選手が出てくるが、その選手のコメントを引用させていただく。
 

I just wanted to say, even though I love to fight, we all need to fight together against hatred…
 
And as I look around this arena, I pray for every race, religion and gender that we can all live together in peace. Please join me in a moment of silence as we strive to end intolerance in our time.
 
一言だけ言わせてください。戦いは好きですがヘイトは許せません。この会場を見渡したとき、私は祈りを捧げます。すべての人種、宗教、ジェンダーがみんな平和に暮らせますように。黙祷を捧げましょう。不寛容を終わりにするために。

  

 「コブラ会」でも頻繁に出てくるフレーズ、”No mercy”(情けは無用)。本当に情けは無用であろうか。トーナメントで情けをかけては相手を倒すことができないからこそ強くなる必要がある。若い子どもたちはそうやって強くなっていく。そしてきっと、情けが必要なことも学ぶに違いない。
 
 
☆ 敵がいつもルールを守るとは考えるな。(ジョニー・ローレンス「コブラ会・シーズン1)
 
★ コブラ会(Netflix)
 
★ 84年版「ベスト・キッド」のサントラとDVDをゲットした(本ブログ・2010/12/26)
★ 「ベスト・キッド」の「ミスターミヤギ」、死去(本ブログ・2005/11/30)
 
 

前奏のない曲、イントロの短い歌

 前奏(イントロ)がない曲、または短い曲というのが多数存在する。番組収録などの場合はよいが、生放送の場合はタイミングを取るのが難しいだろう。そういう場合はドラムスティックを使ってカウント、またはキーを鳴らしてそのカウントを分かりにくくする、さらには簡単な前奏を演奏するなどと工夫が見られるのが興味深い。昔の楽曲ばかりで恐縮だが並べた。
 
1. ピンクレディー「ウォンテッド(指名手配)」
 
 前奏なしの曲。彼らの時代には生放送での歌の披露が多く、その多くは前述のようなタイミングをバンドやオーケストラが作って出だしを助けた。生放送だと時間の都合で全編歌うことができずに「ショートバージョン」になることも多かった。ピンクレディーの二人の曲は歌のみではなく振り付けも大きな魅力となっていただけに、短い編成の時は間違いのないようにしなくてはならず苦労があったに違いない。
 
2. シャネルズ 「ランナウェイ」など
 
 ドゥワップの曲は考えてみると前奏がないものなのかもしれない。「ランナウェイ」「街角トワイライト」「ハリケーン」などは鈴木雅之のカウントで始まる。
 
3. 田原俊彦「悲しみTOOヤング」
 
 前奏は4拍。しかし歌う準備ができてないとタイミングに追いつくのが大変になる。「歌の準備をどうぞ」と言われない状況だとなかなか難しいことであろう。
 
4. 近藤真彦「情熱☆熱風☽せれなーで」
 
 前奏のない曲。この曲も生放送泣かせの曲であったろう。カウントなどがあれば入りやすいが、いきなり始まるパターンしか記憶にない。
 
5. 松田聖子「渚のバルコニー」「瞳はダイアモンド」
 
 いずれも前奏は4拍。「渚のバルコニー」は大抵、歌の準備ができていることが多く、また立ち位置(バミリ)の近くにいて曲紹介をされることが多かった。「瞳はダイアモンド」の場合はスタンバイができた状態で歌うことが多かった気がする。
 
6. シュガー「ウェディング・ベル」
 
 前奏なしの曲。実際の歌番組でもちゃんと歌から始まることが多かったが、バックバンドのカウントを使ったこともあるようだ。コーラスの大変美しい曲であり、元カレに対する強烈な詞が面白かった。この曲が披露されるときの多くが「2番はカット」であった。
 
7. チェッカーズ「涙のリクエスト」
 
 前奏なしの曲。こういう曲の場合、生放送であるとメンバーではなくセットの一部、例えば花などのアップを映し、その間に曲が始まるというカメラ構成も多くある。
 
8. サザンオールスターズ「TSUNAMI」
 
 前奏なしの曲。この曲の場合はドラムスティックでのカウント(ワン・ツー・スリー・フォー)で始まることが多いようだ。間奏の部分を前奏に置き換えて編集されたものもある。サザンのようなバントの場合は出だしだけでなく、次の曲とのつなぎの部分のアレンジも楽しめる。
 
9. DREAMS COME TRUE「あなたにサラダ」
 
 前奏なしの前菜の曲。それにしてもサラダが言葉になるとなんとも健康的で幸せな時間の到来を予期させるのは何故であろう。
 
10. 【番外編】伊藤つかさ「少女人形」
 
 この曲は前奏が10小節あったが、時間的制約からかイントロが極端に短く編集された例である。さらに、伊藤つかさの場合、”存在そのものが編集された” 稀有な例であるという点だ。
 
 14歳で歌手デビューした彼女であったが、当時の歌番組が20時以降の生放送が多く、労働基準法の「20時以降の15歳未満は就業禁止」に抵触するという考え方から、歌番組では彼女の歌っている場面のVTR出演という形で対応した。ただ、同法では例外的に「学業などに抵触せず有害でないもの」、「芸能などの子役」などは認めていたことから、彼女は本来出演できたはずであった。後に伊藤つかさ本人がこの件について語っている部分がウィキペディアにあるので興味のある方は参照されたい。
 
 同じような例としては、工藤夕貴の「野性時代」がある。当時20時開始であった日本テレビ系列の歌番組「トップテン」に出演することができず、歌唱部分はVTRで流し、客席に「お客さんとして」着席していた本人に話を聞くという離れ業が披露された。SPEEDの4人組も19時台に歌ってその後は客席から座って”出演”ということがあった。
 
 前奏のアレンジだけではなく、生放送番組であると時間的な問題で曲そのものが大きく変更されることが多くあった。そのたびに間違わないように歌わなければならないし、AKB48などの振り付けが多い歌ではプロとはいえ間違いが許されない緊張感があるだろう。
 
 しかしその一方で、生放送でお客さんが目の前にいて、ステージ上で生のオーケストラのかたたちがいる環境において、歌うことができるというのは歌手冥利に尽きることであろう。