番組・映画一覧

NO IMAGE

相棒Season17#3の簡易レビュー

 「常識」を辞書で引くと、「一般の社会人が共通にもつ、またもつべき普通の知識・意見や判断力」とある。言葉が時代によって変わってくることは仕方のないことだとしても...

記事を読む

NO IMAGE

強風ロケが好きです

 世の中にはいろいろな嗜好があると思うが、強風ロケマニアのの人はなかなかいないだろう。サスペンスドラマで最終シーンが崖であることは珍しいことではないが、その...

記事を読む

NO IMAGE

身辺警護 まもる人たち

   イギリスでロシアの元スパイの男性とその娘が重体の状態で見つかった。駆けつけた警察官も重体で入院中である。この事件はかつて長野県松本市と東京都心で起きたサ...

記事を読む

NO IMAGE

映画「君よ憤怒の河を渉れ」 レビュー

   ハリソン・フォード主演の「逃亡者」(1993年)を見ているように錯覚する。無実の罪を着せられた医師が護送中に逃走を図る話である。そして1976年(昭和5...

記事を読む

NO IMAGE

差別する人、される人

 フジテレビの「とんねるずのみなさんのおかげでした」で、かつて石橋貴明氏が演じた「保毛尾田保毛男(ホモオダホモオ)」というキャラクターが登場した。番組の30周年...

記事を読む

NO IMAGE

発音するとかっこいい英単語・32

   映画「ブロブ・宇宙からの不明物体」では、政府機関の男が民間人の男性に銃を構える。その際に町の保安官が、”Freeze, mister !”と叫んで男に銃...

記事を読む

NO IMAGE

人の心の可視化

   ドラマ「相棒」シリーズで、過去の冤罪を訴える話がいくつかある。   1. 強盗殺人罪で死刑となっている死刑囚が、刑務所内で「もういい。自分は前世で悪...

記事を読む

NO IMAGE

ルーズヴェルト都議会

 東京都議会の本会議場。塩村文夏議員の発言中、「早く結婚した方がいい」とのセクハラ野次をしたとして、自民党の鈴木章浩議員が発言を認め、塩村議員に謝罪した。  ...

記事を読む

NO IMAGE

「鶴瓶の家族に乾杯」ゲストは加藤茶 鹿児島・北九州市

   認知症の初期症状に「物忘れ」がある。通常は老いに応じて「ど忘れ」をすることは誰にでもある。しかし問題のある物忘れは、物忘れ自体を忘れてしまうことである。...

記事を読む

NO IMAGE

「笑っていいとも!」最終回 タモリさんの卒業

 お昼にやっているのが当たり前の番組になると、時々見なくなってしまうこともある。それでもたまにチャンネルを合わせるとお馴染みの司会者がテレビのスクリーンに登...

記事を読む

NO IMAGE

笑っていいとも!火曜&水曜最終回

 「笑っていいとも!」最初の最終曜日である火曜日(25日)の放送があった。この日は、通常のテレホンショッキングにDreams Come Trueの2人が出演。そ...

記事を読む

NO IMAGE

笑っていいとも! 安倍首相登場

   「笑っていいとも!」も残すところ6回となった21日春分の日、「テレホンショッキング」に第96代内閣総理大臣、安倍晋三首相が登場した。スタジオアルタ周辺は...

記事を読む

NO IMAGE

相棒シーズン12 最終回「プロテクト」守りたいもの

   12年目の「相棒」第1話はファンにとって衝撃であったに違いない。本作の黎明期から「捜査一課」の1人として重要な立ち位置にいた三浦刑事(大谷亮介)が...

記事を読む

NO IMAGE

「相棒」にみるドラマの表現

 ネットで検索すれば「放送中止」になった番組がたくさん出てくる。興味のあるかたは検索をして戴きたい。    ドラマとはいえ、作り手のモラルが問われることがあ...

記事を読む

NO IMAGE

第64回紅白歌合戦で完結した「あまちゃん」

 「あまロス」という言葉が出てくるほど、昨年のNHKの朝の連ドラ「あまちゃん」は好評であった。「あまちゃん」の最終回は、「北三陸鉄道」の線路で走り出す天野アキ(...

記事を読む