コーヒー関係

 知り合いの女性が結婚することになった。共通の知人に「相手はどんなかたなんですか?」と聞いたのだが、「そこまでは聞いていない」と返された。不倫相手ならともかく、おめでたい話なのに相手の素性の一部も話をしないのはなぜだろう。
 
 その女性に直接聞いた。どんなひとなの、と。すると彼女は顔を赤らめて、相手が看護師であることと、彼の仕事の都合で都心でも有名な繁華街に住むことを教えてくれた。
  
 昨今、個人情報保護の意識が高まり、不用意に他人の個人情報を聞くことを避ける傾向にある。なるほど、情報は受け取らなければ流出の恐れもない。時代の流れであり当然のことである。質問される相手を傷つけずに済む。
 
 しかし、守るべきは職務遂行中に知り得た「個人情報」であり、それ以外の「個人の情報」ではない。付け加えて言うと、聞いても差し支えのない話で差し支えのない自分であるかぎり、尋ねることにためらう必要は全くないのである。
 
 個人の情報だからと躊躇ばかりすることで、人間関係が草食化し空洞化し無味乾燥化することに危機感を抱く。プライバシーなどという言葉が前面に出たがゆえに、長い時間を共有してきた人がどんな背景を持った個性なのかも分からずに、どうして有益な人間関係が築けようか。
 
 「看護師なんてすごいじゃない。人の体に触れるなんて私からすると考えられない。それなら、これから病気しても大丈夫だね!都会の高層住宅に住むなんてなんかかっこいいな!」
 
 「はい。なので、彼は家でゴキブリをみたことがない、というんです」
 
 「なるほどね。高層階に住んでいると蚊も入ってこないって聞いたことがあるからね」
 
 「今までと全然違う生活になるんですよ!」
 
 その女性は携帯電話を操作していた手を止めてニコニコしながら一気に話してきた。新しい生活に希望を抱いている、そんな感覚を覚えた。人間関係は温かいうちにもっと聞けばよいし話せばよい。コーヒーと同じ。
 
 
 

Love Trip is bound for yourself

 
 ねるとん紅鯨団というテレビ番組があった。通称「ねるとん」で司会はとんねるず。「彼氏・彼女が欲しい」男女数人ずつが集められ、フリートークなどの場を通して、「告白タイム」に男性が女性に告白する。
 
 「最初会ったときから決めていました。お願いします!」と言って片手を出して頭を下げる。目の前に立った女性がOKだと思えば「お願いします」などといってその手を握るが、NGの場合は「ごめんなさい」と言って断っていた。
 
 断った女性にとんねるずの二人が理由を聞く。女性は、「男性が車の運転が出来ないみたいなので」とか、「背が低かったから」などと答えるが、そうした答えには石橋貴明が「はあ?」と言わんばかりの顔でカメラの前に立ったものである。
 
 その日に始めた会ったからとはいえ、潔いと思うのは駄目でも告白して恥をさらす気持ちだ。名前も顔も出してしまうのに、結果が良ければ微笑み、駄目であれば「仕方ないです」と諦めることである。
 
 諦めてはいけないという時というのはそれなりに存在するが、一番いけないのは他人に示唆されて諦めてしまうことである。しかし積極的な背中押しは甘んじて受けてみると良いかもしれない。
 
 しがらみの無いきれいな恋愛が出来る年代が羨ましい。経験の足りなささがこんなに素晴らしいのかと思うくらいこみあげるものがある。人の歩みの終着駅があるとしたら、恋愛とは途中下車してでも逢いたい相手がいるということだ。
 
 最後まで止まらず通過するのか、急ブレーキをかけてでも停車するのか。少なくとも、そんな相手がいるのかどうか、車窓の外を見ることを忘れてはならない。

 夏だけではなく、秋も冬も頑張れ。若者だけではなく、人を愛することを忘れないでいる人みんな頑張れ。
 

 

 
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 

届く思い、届かぬ想い

 イギリスでは45年ぶりに結婚した男女が話題になっている。男性と女性は若いころに一度親しくなったが、女性が別の男性と結婚。それから長い時を経て、女性は夫と父を相次いで亡くし意気消沈していたところ、元の男性が慰めて力になり結婚の運びとなった。45年の時が経過していた。
 
 岐阜県では風船に手紙を付けた小学生の女の子と60代の男性との交流が続いているという。手紙が風に乗って牧場経営の男性の所に届いた。牧場で子牛が生まれ、女の子が「モモ」と命名。男性は「名付け親の女の子にいつか遊びに来て欲しい」と喜んでいるという。
 
 結婚相手を探す場所として、選択肢の中にインターネットが珍しくなくなった。一昔前であればまゆつば物であったが、真摯なやりとりをしている事で相手の事も理解し、いきなり結婚という事も当たり前になった。
  
 Facebook(フェイスブック)やmixi(ミクシィ)などのSNSなどでは、友人が他の知り合いの日記に何とコメントしているのか分かる事もあり、誠実な言葉は周りにも安心感を与えるはずである。
 
 その一方で、冒頭の話のように時間をかけて信頼関係を構築し、親しくなる人たちもいる。出会いのきっかけは、時間の長短を区別しない時代になったのである。
 
 しかし、これが「出逢い」になるのであれば、少しばかり時間をかけたい。本当にこの人なのか、相手の存在が自分を高揚させるのか、会いたいのか、逢いたいのか、その結論までの時間を急ぐと自分の気持ちの詰まった風船は割れてしまう。若い人は特に自分を大切にし、ネットを介して人に会う事は気をつけた方が良い。
 
 イギリスの夫婦は共にSNSをしていないのだという。「風船」という言葉を見て、風の船とやらに乗りたくなった。 
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
 
★ 29年前の手紙入りビンが漂着 青森(本ブログ・08/1/30)
 
 

非恋愛型のストーカーが増えている

 俳優さんというのは、一人で笑う芝居をするときには面白い事でも思い出しているのだろうか。 
 
 ドラマ「相棒」の再放送を見ていてぞっとした。本シリーズでは、ストーカーが関係している話がいくつかあるが、中でもシリーズ5の12話「狼の行方」で、木下ほうかさん演じる「神崎哲哉」のストーカーが恐ろしい。
 
 ストーカーの定義というのはいうまでも無く、曲がった恋愛感情が抑制できずに嫌がらせを恋愛対象者に押しつける行為である。脅迫、つきまとい、暴行などの犯罪行為をする。
 
 「神崎」のストーカー行為は典型的であるが、一人で泣いているシーン、そして太陽を背に一人で高笑いしているシーンはストーカーの悲哀と狂気を感じさせる恐ろしい部分である。
 
 埼玉県桶川市で発生したストーカー殺人事件を機に制定されたストーカー規制法であったが、その後も痛ましい事件が続いている。警察の対応がもどかしい部分も否めない一方で、捜査着手後に被害者が萎縮してしまい告訴を取り下げるケースもあるという。また、つきまとい行為などが「気のせいだった」ということもあるそうだ。
 
 そうなると捜査する側の士気も失われる。時間と人員をかけて捜査したのに、被害者側が非協力的であれば何もかもが無駄になってしまう。しかしそうはいってもゆがんだ恋愛感情で異性を追い回す輩は減らない。痛ましい事件になる前に手を打つ必要がある。
 
 大阪府警察本部が平成24年に受理したストーカー相談受理件数は1423件である。全てをすぐに対応するのは難しいので、府警ではチェック項目を設けて危険度の高い事案から捜査に着手する。
 
 近年では「非恋愛型ストーカー」というのが増えているのだという。「クローズアップ現代」によれば、従来のストーカー規制法で取り締まりに対象になるのは、「恋愛感情を抱くこと」が条件であった。つまり、恋愛感情のない嫌がらせ行為は同法での取り締まり対象にならないのである。
 
 同番組によれば、なぜ「恋愛」がキーワードになっているかといえば、対象を拡大してしまうと正当な理由であちこちに出没するような報道関係者なども捜査対象になりうるからだという。しかし番組に出演していた専門家は「正当な理由があれば処罰されないのであるから、恋愛感情だけに限定しない方が良い」と語っていた。
 
 非恋愛型ストーカーの場合は、状況に応じて軽犯罪法違反(つきまとい行為の禁止)、都道府県迷惑防止条例違反、脅迫罪、名誉毀損罪、暴行罪、傷害罪、不法侵入などの法令を適用する事も可能であり、決して裁かれない行為である。相手の身柄を拘束する事は一定の阻止力を与える上で効果的である。
 
 恋愛型にしろ、非恋愛型にしろ、警察や法律事務所に相談する事が必要であるが、警察官も弁護士も人間である。感情的に一方的に話をされても分からない。日頃から証拠を記録するなどして、第三者が見ても何らかの事件として立件できそうな状況を用意しておくべきである。
 
 パワハラやセクハラの被害者も録音や録画したりして証拠を残す。しかしそうした行為がいつもできるとは限らないので、自分宛に事実を記したメールを送って証拠に残すのが手っ取り早い。メールは日時が記録される。場所と内容と客観的な事実を残しておくのである。
 
 そして、告訴の意志を固めたら警察などに相談しに行くべきであるが、危険性の高いときは遠慮なく110番通報が良い。制服の警察官が来てくれる事だけで心強い事もあるだろう。
 
 ストーカーの原義である、stalkという単語は「忍び寄る」という意味と「大手を振って歩く」という対極的な意味がある。悲哀と狂気に気付かないこの身勝手な行為には司法の裁きと加害者側への根本的なカウンセリングが必要だ。これ以上、被害者を出さないための対策が急務である。
 
 
★ 宿泊施設で受けていた嫌がらせ(本ブログ・2017/5/1)
★ 郵便局で受けていた嫌がらせ(本ブログ・2017/4/28)
★ 全国警察相談電話 「♯9110」 
★ ストーカー規制法の「つきまとい等」の具体的事例(宮城県警察本部)
★ 大阪府警察 平成24年施策評価実施報告書(大阪府警察本部)
★ 現行法では罰せられない「非恋愛型ストーカー」とは 対応策を弁護士が解説(エキサイトニュース・14/8/28)