火災保険は台風被害でも役立つ

 災害の多い日本だが、中でも近年脅威なのが台風である。2018年に大阪を襲った台風21号はマンションの壁を剥がし、トラックを横転させ、ピザの配達員を倒し、ベランダを破壊するなどそれまで見たことのないような被災状況を作った。
 
 事前の準備が欠かせないが、自宅が予想しなかった損傷を受けたときに火災保険が役に立つ。名前からして火事にしか対応してくれなさそうだが、「上から降りかかるもの」である、風による害、ひょう、雪などで家が損傷した場合に保険金を受け取ることができる。
 
 大型の台風になると、どこから何が飛んでくるかわからない。こうしたときに屋根や窓が外からの異物で壊れると保証の対象となる。家が壊れたことで発生した火災のよる被害も補償対象となる。変わったところでは、家に空き巣が入られその後に設置した防犯設備の費用も補償対象となる。
 
 注意したいのは「下から起きる災害」であって、地震、津波、噴火などで家が損傷した場合は火災保険と合わせて地震保険に加入しなければならない。
 
 近年の災害の多さから、火災保険料が値上げになるという報道を知った。自然災害に対してはなす術がない。被災したときに補償があることで精神的に救われる。
 
 いま、これを執筆している間も台風が刻一刻と迫っている。大きな被害が起きないことを切望する。

コンビニレジ有料化

 
 何か買い物をするときにコンビニが近くにあるのは便利である。そのコンビニでもレジ袋の有料化が概ね決まった。これまでは、ふらっと立ち寄る客がエコバッグを持参するのは面倒である、などという考え方もあった。しかしすでに有料化に踏み切っているスーパーもあり、足並みをそろえることとなった。
 
 レジ袋の有料化、つまりマイバッグの持参が当たり前のようになるのだろうか。1970年代くらいまでは、買い物かごを持参したり紙袋に商品を入れていた。あのころの時代に戻るのかもしれない。
 
 コンビニといえば、24時間営業の見直しが考えられている。いつでも空いていれば便利なのは分かる。災害発生時にもコンビニに行けば何かあると期待することもある。
 
 時代は変わった。バブルのころには終夜営業のファミリーレストランに若者がコーヒーのおかわりサービスだけで時間を潰していたが、今は若者が深夜に集まることが少なくなった。少子化、給与の低い推移など生活全体が変わってきた。時間的、経済的、そして人的に余裕のある時代ではなくなった。
 
 ファミリーレストランがすでに一部を覗いて24時間営業をやめている。夜間の人件費や光熱費を昼間の繁忙時に割り当てるなどすることで、一時落ち込んでいた業績が上がっている事業所もある。時代の流れに沿うことは経営者にとって必要だが、消費者も何に価値をおいて消費活動をするのかということを考えたい。
 
 ゴミが多ければ多いほど消費活動が活発である証だ。それだけ経済が潤っていたのはバブル期を思い出せば想像がつく。そのゴミの扱い方をすぐに行動に移す時が来ている。近くのゴミ集積場が小動物に荒らされていないだろうか。ごみは分別されているだろうか。直せば使えるものはないだろうか。これを必要としている人はいないだろうか。
 
 2018年の報道で、オーストリアの大学による欧州とロシア、および日本の被験者を対象にした調査では、排泄物からマイクロプラスティックが検出されたことが明らかになっている。その報道によれば、ポリプロピレン(PP=polypropylene)やポリエチレン・テレフタレート(PET=polyethylene terephthalate)がすでに我々の体内に入っていたとされる。
 
 そしてタイで打ち上げられたクジラの体内からは大量のレジ袋が出てきた。こうしたものを経口摂取したためにクジラは死に至った。
 
 適切なごみ処理が行われていれば問題は解決できる。買い物をする前にその購入品の”終生飼養”に責任が持てるかどうか、一瞬でもいいから思いを巡らせたい。
 

*往復する車両と自衛隊機

今日のキーワードは「往復」。
往復する人と車両と自衛隊機。
 

化学物質過敏症 得られぬ理解

 
 以前、集合住宅に住む化学物質過敏症(Multiple Chemical Sensitivity)とおぼしき未成年の姉妹の家を訪問したことがある。香り(化学物質)が強く感じてしまい、向かいのマンションで干してある洗濯物の匂いに耐えることができずに窓を締め切ってしまうのだという。家での洗濯は石鹸で済ますらしい。
 
 ある飲食店では「香水の強い女性がいて飲食できない。なんとかしてほしい」という苦情があったらしいが、その香水をつけた女性を追い出すわけにも行かず対応に苦慮したとのことである。結局、苦情の申告をしたお客さんが帰ってしまったとのことである。
 
 化学物質過敏症ではなくとも、最近の洗剤や整髪料などの匂いが強いと感じることがある。香料を扱う会社も匂いのない製品を積極的に扱ってほしいし、自然素材由来の衣類や食器類などを積極的に使ってみたい。そしてそうした症状で苦しんでいる人達がいることを我々は知るべきである。
 
 どういうものが身近にあるか。スプレー類、香料類、芳香剤、防虫剤、洗剤、柔軟剤、化粧品、マニキュア、タバコ、線香類、印刷物などであり、あって当たり前のものばかりだ。しかし病気の認知が周囲に及ぶことがなく、なかなか理解がされないという。その中での生活は困難を極める。おかしいな、と思ったたら医療機関に相談を。
 
 
★ 「化学物質過敏症」を知っていますか?(TBSラジオ・2017/3/13)
 
★ オーガニックコットンのハーモネイチャー
 

酷暑、熱中症

 
 熱中症で救急搬送された経験があるので、毎年のように報じられる熱中症患者の搬送事案が残念でならない。平成で最後の夏の日本列島は厳しい暑さの体験を余儀なくされている。とりわけ社会的弱者である若年層や年配層が犠牲となっている。
 
 私が救急車で搬送された平成10年は今ほど熱中症が叫ばれていることもなかった。「夏バテ」から「熱中症」への移行時期ともいえるかもしれない。そうした中で私は体調管理を怠っていた。
 
 暑かったのにもかかわらず、十分な水分補給をせずに行動していた。のどが渇いたと思ったときだけ何かを飲む程度。その量は一日でせいぜい1リットルから2リットルの間であり、徒歩での行動が多かった当時にしてはあまりに少なすぎた。
 
 睡眠時間も少なかった。夜間の睡眠時間は4~5時間、空いている時間に睡眠を補完するという生活を送っていたため、熱中症だけではなく他の病気になりうる危険をはらんでいた。
 
 症状としては貧血のときと同じく、発汗、めまい、吐き気などである。「これはまずい」と一歩踏み出した瞬間に記憶がなくなってしまった。エアコンの効いていた空間であったが、直射日光がずっと当たっていた。意識不明で倒れて救急車が呼ばれた。幸いすぐに意識は回復して一命は取り留めたが、意識の回復がなければ死に至っていた可能性もあり、こればかりは運が左右する。
 
 これがもともと抵抗力のない子供やお年寄りであればその危険が増すのは目に見えている。
 
 19日も全国で熱中症による救急搬送や、残念ながら亡くなられた人も出た。とりわけ学校運営中の熱中症事案は非常に残念である。毎年のように言われ、今年も連日の酷暑で「熱中症にはご注意を」といわれている。それにもかかわらずなぜ抵抗力のない子供が危険にさらされるのか。
 
 
気象庁によると、「東京」の「7月」の「平均気温」と「平均湿度」は、

1960年 25.8度 湿度 76%
1970年 25.4度 湿度 75%
1980年 23.8度 湿度 79%
1990年 25.7度 湿度 71%
2000年 27.7度 湿度 70%
2010年 28.0度 湿度 70%
2017年 27.3度 湿度 78%

となっており、気温も湿度も確実に上がってきている。
 
 都市化やヒートアイランド現象による温暖化、人の導線の変化による環境の違いが年々増しており、上記の私の例のように時間に余裕のない状態が続けば体力減少による熱中症発症率は高まる。
 
 さらに、子供は地面からの熱を直撃しやすく大人に自分の体調をしっかり伝えることができない。いつもと違う体調であるにもかかわらず、それを的確に伝えられないのである。
 
 涼のとり方を確実に決めておくことと、気象庁からの高温情報に留意して、不要不急の屋外での活動は禁止するという強い判断が生死を分けるということを、いま決めたほうがよい。無理なことはしないということよりも、無駄なことはしないという考え方が必要だ。もうこれ以上、声の小さな社会的弱者を斃れさせないで。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 気象庁 ホームページ

* EDR October #23 2017 blue sky2

前日の強風が過ぎ去ってもたらした快晴に思わず車を止めた。

I unintentionally stopped my bike since a strong wind the day before brought me a blue sky.