もっと飛べるかも

 跳び箱は危険であるというニュースがあった。小中学校で体育の授業における怪我の原因の1位が跳び箱であるという。組体操よりも死傷事故が多いようだ。跳び箱反対派は、「日常生活では全く使わない体の動きをすることに何の意味があるのか」と言い、跳び箱擁護派は、「できないことができるようになる達成感がある」などとした。
 
 組体操よりも受傷者が多いというのは驚いた。手首を捻挫したり、バランスを崩して頭から落下して上半身不随になる、跳び箱に腹部を強打して内臓破裂で死亡した例もあるという。
 

 桐蔭横浜大学スポーツ健康政策学部の松本格之祐教授は、「跳び箱は、両手をつき、体を前に投げ出す、という日常ではなかなかやらない動きが特徴。体の使い方に慣れていない状態で跳ぶと恐怖心を感じてブレーキをかけ,手に体重がかかる形になったりバランスを崩したりして事故につながることが多い」と指摘しています。身をかがめた人の背中に手を付き、跳び箱のように跳ぶ「馬跳び」を勧めます。子どもどうしでちょうどよい高さに調節できるうえ、助走しないために安全に体の使い方を習得できるといいます。(NHKニュース・2019/9/9)

 
 小学生の時、運動音痴な私が跳び箱を15段を跳んで英雄になったことがあるので、事故が多い理由で「廃止」などとなったらあまりに悲しい。松本教授の言うように「馬跳び」をオススメしたい。むかし、馬跳びをしたときに「Nonoが跳んだときは軽くて体重がかかっていなかった」と言われたことがある。その時はよくわからなかったが、その後大人になってその理由が少しわかったような気がした。
 
 ジャズダンスを習っていたときにバーレッスンの時間があった。バレイのレッスンでも見かけることのあるあれだ。あのバーには頼りすぎてはいけないというルールがある。あくまで軸足が立てているかどうかを見るものであるからだ。
 
 つまり誤解を恐れずに言えば、取っかかりを作るためのバーであり、バーがなければできないことではないのだ。あのとき馬跳びで「軽かった」と言われた理由としては、馬跳びも跳び箱も同様に、手をつくのは跳ぶための「取っかかりであるという意識」であって、手をつくことに気持ちが大きく依存する必要はないのだ。手をつくのは空中でバランスを整えるためのものであって、前方に跳ぶための勢いは助走と踏切板で構成されるのではなかろうか。
 
 馬跳びだと友だちの体に思いっきり叩くように手をついては申し訳ない。あまり触れないようにする意識をもっていたから「軽く」跳べた。
 
 ヒーローになった跳び箱は、開脚跳びではなくて閉脚跳びであった。最初は足が箱にぶつかる恐怖があったが、高さを低く設定され、「跳び越えるのではなく、箱の上に乗っかる」というのが最初の目標であったために恐怖心がなくなった。そのうち「これは跳び越えられる」と自信がついたことで次々と箱をとび越えた。
 
 しかし、1位はもうひとり男の子がいた。今もSNSで繋がっているが、こんな話をしたら彼は覚えているだろうか。運動神経のいい彼のことだ、体育の中の1つでしかない跳び箱なんて忘れているだろう。ならば忘れていてほしい。そんな小さいひとつの思い出くらい、一番でいさせて。
 
 
★ ”危険”なとび箱 どう防ぐ(NHKニュース・2019/9/9) 

優しい姪っ子

 AちゃんとBちゃんという姪っ子。
 母親から「折り紙を片付けなさい!」と叱られる。「Aちゃんちゃんと片付けたよ」と自慢げに報告するAちゃん。Bちゃんは、「片付けようと思ったけど・・」と言い訳をする。そのうち2人は些細なことでケンカを始める。
 
 傍から見ればくだらないが当人たちにとってみれば大きな憂うべき問題だ。社会を知らない子供からすれば、たった2人の人間関係。そこから世界は始まる。
 
 この子たちがケンカの中から、些細な優しさを見つけるのはいつのことだろう。ケンカは些細なことで終わらせて、大きな優しさを育めるのはいつだろう。無償提供できる偉大な優しさ、それを相手を選ぶことなくできる心。争いを憎み、平和を愛する。
 
 その気持ちを成就させるために、今日も2人は小さな戦争を始める。
 
 武器を手にする事なかれ。
 
 相手に拳をふりあげる事なかれ。
 
 相手を笑顔にできる才能を育め。
 
 武装解除をすすめるような子であって欲しい。いかなる生命体に対しても、優しい人であって欲しい。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 英語のYOUは文字変数?(本ブログ・12/11/3)
 
 
 

演技する人たち

 
 俳優・坂上忍が子供たちに演技指導をする番組を見た。彼は実際に子供向けに演技指導の学校を運営している。子供たちは「怒り役」「笑い役」「泣き役」に分かれて、与えられた台本の台詞を読む。しかしなかなか怒れず、笑えず、泣けずと苦戦が続く。十数人いた中で、彼は1人の男子児童に声をかけた。「演技をしていて本当に楽しいか?」と。
 
 私事だが高校生のころ半年ほど劇団に通っていたことがある。発声練習、そして簡単な演技、さらには殺陣まで経験した。物覚えが悪いので、一番辛かったのがこの殺陣である。今思えば単純な体の動きであるにも関わらず、この”振り付け”を憶えるのに精一杯で、顔の表情など満足に作れなかった。
 
 演技がうまくなれればテレビに出られて有名になる、というほど甘くないのが芸能界という世界だ。世の中には多くの芸達者な人がいるが、そんな中で大舞台に立てるのはほんの一握りだ。何かオーディションがあれば積極的に参加してチャンス獲得のタイミングを狙う。
 
 俳優だけではなく、我々も普段演技をしている。家から出れば通勤通学の顔を作り、学校や職場に行けば学生または社会人に変身する。いいたくも無いことや、やりたくもないことを積極的にしなくてはならないという部分で俳優活動と符合する点がある。
 
 坂上忍が声をかけた男子児童は結局芝居の道をやめるようである。「正直言って演技はあまり好きではない」と言っていた。坂上忍は彼らの母親に対して、「主役は子供であり、お母さんはお母さんでいてください」と声をかけていた。子供のマネージャーは別の人がやれば良い。お母さんは母親という大役さえ務めればそれで足りるということであろう。
 
 世の中は主役や脇役でいっぱいだ。だから、”芝居をして”社会から家に戻ったときに、心の支えになるのはきれいな台詞ではなく、心のこもったアドリブであるに違いない。
 
 
☆ 人気ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
 

「学費のため」と九大院生を窃盗で逮捕 京大では新大学院新設で月額20万円の「奨励金」支給

 通行中の女性から財布をひったくったとして、九州大大学院理学府1年の男(22)=福岡市東区=が窃盗の疑いで福岡県警博多署に逮捕された。同署によると、福岡市博多区中呉服町の路上で、アルバイト女性(22)の後ろからショルダーバッグの中にあった現金約10万円入りの財布をひったくった窃盗容疑。男は「大学院の学費にお金が必要だった。働く暇がなかった」と供述している。
 
 「働く暇がない」というのはある意味において真実なのか。
 
 京都大学は、全寮制の大学院「総合生存学館」を来春新設することを発表した。5年生の博士課程で定員は20人。アルバイトをする暇がないほどの厳しいカリキュラムが予想されることから、原則として全学生に月額20万円の「奨励金」を支給する。ただし、年間約60万円の学費は学生が負担する。
  
 授業は討論形式が中心となり、在学中に海外での留学やインターンシップを義務づける。京大では「国際機関やグローバル企業、国内の省庁などでリーダーとなる人材を輩出したい」と語る。
 
 窃盗をした男は大学院生でありながら、反社会的な行為に出た。どの分野で学んでいても、それは社会貢献へ必達するために学ぶべきである。自己保身だけの勉学などあり得ない。将来どんな仕事をするのか分からないが、多かれ少なかれ社会の根幹となって存在するはずなのに、自らその根っこを折ってしまった行為は許されない。
 
 ひったくりに遭った被害者であるアルバイト女性は男と同い年である。男よりも、一足先に社会に出て得た金を、勝手な理由で強奪された女性の恐怖を男は考えるべきである。社会に出たら学ぶことはまだまだ続くということを実感しない者は、安易に人を傷つけることが多い。学ぶことをやめたら、自ら血流を止めるような破壊行為であり、社会に対する背信行為であることを肝に銘じるべきである。

 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ ひったくり容疑で九大院生逮捕「学費必要だった」(読売新聞・12/11/6)
★ 京都大:「リーダー育成」大学院、来春新設 定員1学年20人(毎日新聞・12/11/6)