安全と質

 
 「安全第一」という言葉があるが、これはどんな人にも平等に当てはまる言葉である。思想の左右や立場の上下、そして洋の東西を問わない。もっと言えば「安全第一」の対象は人間だけにとどまらない。他の動物や植物がその種子を絶やすことのない安全な状態、空気であるといえる。「安全第一」には続きがあり、品質第二、生産第三となる。かつてはその順番が逆で、生産第一であったという。次が品質で最後に安全であった。
 
 「生産性」という言葉は、「生産過程に投入される生産要素が生産物の算出に貢献する程度」(デジタル大辞泉)、しかし、「最先端の工作機械を導入したとしても、それを操作する人が未熟であったり、操作ミスをしてしまったりすると、工作機械はうまく作動せず、故障を起こしてしまうこともある」(日本生産性本部)とある。
 
 一人の議員が発したとされる、特定の人たちは「生産性がない」という発言に注目が集まった。その意見に反対であれば、一議員のことはともかく、未来へつながる議論へとつないだほうが建設的である。身の回りが便利になること、それを考えて実践することは自分を喜ばせることになり、他人を幸せにし、そして社会を一歩前進させる礎となる。これまでも考えることをやめなかった人たちの行動が地球を潤してきた。有言実行、これからもきっとそうである。
 
 引き合いに出すのは申し訳ないが、自らが難病である進行性筋ジストロフィを発症しつつも、介護医療機器会社のHNI(ハンディネットワークインターナショナル)を設立した春山満さんが2014年2月に亡くなった。60歳。首から下が動かなかった「車いす社長」であったが、コーヒーやジュースをストローで飲み、移動は社員が数人一緒になって移動する。介護現場に手を入れる必要があったという思いで社員と一緒に会社を運営してきた。専務取締役である妻の由子さんは満さんの病気を承知した上で結婚した。
 
 民主主義を標榜する荘厳な議会があったとしても、中で働く議員がうまく機能していなければ、必然的に生産性が低いということになる。安全や質を無視した議会運営というのは何も生産することはなく、その視野を国内外の未来に広げることはできないであろう。
 
 
★ 株式会社ハンディネットワークインターナショナル 
★ 車いす社長・春山満は何を残したか?ピンチに動じない大局観と明日への希望(THE PAGE/2014/5/3)
★ 筋ジストロフィー(難病情報センター/公益財団法人難病医学研究財団)
 

台風12号、東から西へ

 
 全国的に梅雨があけて本格的な夏が始まった。庭ではセミが群れをなして鳴いており、夏の風情というよりは騒音に近い感がある。それでも夏が本格的に動き出した。 
 
 台風12号「ジョンダリ」が強い勢力を保ったまま、小笠原諸島から関東・甲信地方へ向かい、東海地方に上陸の可能性があり、東側から西側へ移動するという異例の進路である。気象庁は、「これまでの経験が役に立たないような事態が予想される」とし、「大雨特別警報の発令も考えられる」と国民に注意を呼びかけた。
 
 この台風が恐ろしいのは進路の奇妙さだけではなく、「西日本豪雨」で被災した地域を直撃する恐れがあることだ。土砂で埋まったままの自動車を尻目に新たな水害を防ぐべく土のうを積み上げる被災者の皆さんとボランティア。これ以上の被害が増えないように祈りたい。
 
 西日本豪雨では「ボランティアが不足している」という。ボランティアが活動しやすい週末が台風の進路となってしまった。しかしボランティアを頼るのは筋が違う。無償の誠意を集めるのではなく、国が金銭的支援をして人を集めるほうが手っ取り早い。効果があることは想像すればわかることなのに国はそうしない。
 
 西日本豪雨の時には対策を取らずに「赤坂自民亭」なる飲み会を実施。安倍総理以下、小野寺防衛相、上川法務相ら50人近い議員が酒をあおり、その様子をツイッターに投稿。写真では親指を立てたりピースサインをしている議員もいた。宴会の日の7月5日には気象庁が緊急会見を開いており、「長時間、広範囲に渡って数十年に一度の大雨が降る恐れがある」と注意を促しており、素人の私でも「大変なことになる」と考えていた。
 
 しかし情報が集まりやすい政府中枢は対策をとるための活動をしなかった。あのとき誰か一人でもいいから「官邸に連絡室を設置したほうがいいのではないか」といった進言をする人はいなかったのか。

 しかも翌6日は、日本の犯罪史上まれに見る組織犯罪の首謀者であった松本智津夫と6人の信者が死刑を執行されることになっていた。上川法相や安倍総理も当然に知っていることであり、賛否がある死刑執行に対して厳粛に対峙すべき人たちが、前日にアルコールを飲んで宴会をし、それをわざわざ公開してみせた。おおよそ議員としての資質、それどころか、人としての品格を放棄した蛮行である。
 
 破壊された道路や河川を担当するのは国交省である。被災地を訪れた石井国交相は、現地で広島市長に詰め寄る被災者を見ていた。被災者の男性は「スコップを持ってやってみればわかる。泥の臭さや辛さが」などと訴えたが、石井国交相は特に表情を変えなかった。
 
 これまで日本は数多くの災害を経験してきた。噴火、地震、津波、原発事故、土砂災害。しかし時の政権は常に言う。「想定を超える災害であって予見は不可能」。実際「自民亭」に参加した議員も「正直、これほど大きな災害になるとは思わなかった」と述べている。”こんなひとたち”が国民の付託を受けて議員報酬を受け取って活動しているというのはあまりに理不尽である。
 
 時に我々は、「正直言うと」や「想定外」という言葉が免罪符になっていると勘違いしていないだろうか。少なくともトップが言い訳する時にこうした言葉づかいをするのは想定の範囲内である。一体これだけの災害を何回経験したら気が済むというのだろうか。
 
 玄関先でセミ1匹がひっくり返っていた。表にしてあげるとまだ動いていた。しかし右側の羽が半分なくなってしまっていた。ここに身近な台風の犠牲がひとつ。ああ、飛べなくなってしまったのか。このセミ、明日の朝はここにいるのかな。
 
 
★ 気象庁 ホームページ

英語メモ・49

 logo
 
 
“PARK,XI AGREE ON SUMMIT WITH JAPAN”
 
 「パク・クネ、習近平が日本のサミットに合意」

  South Korean President Park Geun-hye and her Chinese counterpart Xi Jinping have agreed to hold a trilateral summit with Japan.
  
 「韓国のパク・クネ大統領と習近平国家主席は日本での三者国首脳会議開催に合意した」。
 
 Park said recent military provocations by North Korea had increased tensions on the Korean Peninsula.
 
 「パク大統領は、北朝鮮による軍事的挑発が朝鮮半島の緊張を高めている、と述べた」。
 
 We appreciate China for its constructive role in calming tensions on the peninsula and keeping in close contact with us.
 
 「我々は、朝鮮半島における緊張状態を緩めることに建設的な役割を果たし、我々と緊密な連携を保持してきた中国に感謝します」。
 
 
 韓国のパク・クネ大統領を英語では、Park Geun-hyeと表記するのですね。発音的には日本語と近いですが、習近平は、Xi Jinping(シー・ジンピン)との発音で難しいです。
 
provocationは「挑発」。動詞は、provocateで、「怒らせる、いらいらさせる、扇動する」。
 
 平和を唱うのは簡単ですが、実行するのは難しい。政治的にぶつかる部分は日常の民意で衝突を回避できる部分もあるはず。つまり、平和と声を上げることを忘れてはならないことです。
 
 
☆ 人気ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ NHK WORLD
 
 
 

119番救急車の有料化は是か非か

 
 いざという時に頼りになる119番通報だが、救急車の有料化が議論されている。財務省は、軽症患者が救急車を呼んだ場合の有料化を打ち出しているという。2013年の119番通報は、全国で591万件であり10年で2割り増えたが、そのうちの半数は軽症患者であったという。 
 
 有料化に賛成する意見の中には、「タクシー代わりに使っている使っている軽症患者のために現場が疲弊している」といった声も聞こえる。有料化に反対する意見の中には、「通報をためらう人が出て死者が増える」などという意見もある。
 
 興味深かったのは現場の救急隊員の意見で、「有料化にしたら『金払ってるんだから、早く行け!』など、有料を逆手にとって、何を言い出すか分かったものではない」という「有料化反対」の意見だった。
 
 症状に応じて有料化する考えもあるが、線引きは困難かもしれないし、現場に余計な負担が増えるだけではないだろうか。
 
 自分のために119番通報した(された)経験から、有料化にはいささか抵抗がある。そしてもっと抵抗があるのは、他人のための通報である。
 
 以前に書いたが、路上で胸を押さえて苦しんでいる男性がいた。「大丈夫ですか」と聞いてもひたすら苦しんでいる。近くの友人に通報をお願いし、私はとりあえず水を用意して飲んでいただいた。「いま救急車を呼びましたから、頑張ってくださいね」と声をかけ、救急隊員に引き継いだ。通報で駆けつけていただけるのは本当にありがたい。
 
 119番通報同様に深刻なのは110番通報である。「ゴキブリが出た」、「テレビが映らない」など、警察業務に関係ないものや免許証更新の手続きについての相談なども多い。無言電話も、いたずらに違いないと思っていても、事件被害者が通報中に力尽きることも考えられるため、念のために警察官を現場に急行させるのだという。
 
 こうした公務に携わる人たちの存在は心強いが、こうした心ない通報のために救われるはずの命が救われなくなる可能性がある。不要不急な電話はしないという啓発活動が必要である。
 
 しかしそうは言っても、啓発されるべき人たちというのはこうした考えに耳を傾けない。天に唾を吐く行為に対して、有料化で解決するしかないのか。
 
 以前の職場の店内で、激しく嘔吐して顔色が悪いお客さんがいた。119番通報したが、救急車が出払っており、最初に到着したのは消防車であった。消防隊員が患者さんに話しかけるも様子を見ていただけであった。しかしそれでも緊急車両が来たことが心強かったし、後に救急車が来てそのお客さんは無事搬送された。
 
 有料化になれば、そんな通報もためらうのかと考えてしまう。「(有料だから)通報しないで!」ともし言われたら、医療の知識の無い赤の他人は傍観者になってしまう、そんな気がする。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 救急車の有料化、僕は賛成です(読売新聞・15/5/15)
★ 救急車を呼ぶべきか困ったときは#7119 #8000に電話相談しよう(BAVERまとめ)
★ 救急隊員 救急車の有料化に「できればやめてほしい」ともらす(女性セブン・14/12/31)
★ 公費での救助は無駄遣いではありません(本ブログ・2013/6/24)