思い出一覧

NO IMAGE

ネコの思い出

 mixiをやっていると、トップの写真にイヌやネコを掲げている人が多い。イヌ派とネコ派は半分くらいだ。平成に入ってからのペットブームで、イヌやネコを飼う人が圧倒...

記事を読む

NO IMAGE

表札300枚を盗んだ男逮捕 警視庁

 かつて古い平屋建てから新築の家に引っ越したとき、嬉しかったことの一つが表札だった。それまでは入り口にくくりつけていた赤いポストに書かれた名字が”表札”になって...

記事を読む

NO IMAGE

「検事と刑事の違いも分からないのか」と発言した警察官

 対警察官の嫌な思い出が2つある。1つは自転車が盗難に遭い、最寄りの交番に盗難届を出しに行こうとした時のことだ。スクーターで向かい、交番手前でエンジンを止め、交...

記事を読む

NO IMAGE

友人の赤ちゃん誕生

   13日の土曜日に出産を控えた女性の友人らを交えて忘年会をした。彼女は「予定日は26日。クリスマスベイビーを目指すぜ」と言っていた。    この彼...

記事を読む

NO IMAGE

夕方のカラス

 詩人の中村雨紅は「夕焼け小焼け」の作詞をし、その中で「カラスもいっしょにかえりましょう」と記した。この詩が示すように、かつてカラスといえば夕方に見かける鳥であ...

記事を読む

NO IMAGE

懐かしいユーロビート

 80年代後半から流行っていたユーロビートが懐かしい。当時はレンタルCD屋で借りまくってテープにダビングしていた。    まだレコードの息があった時代でもあ...

記事を読む

NO IMAGE

最終的に英語が話せる人と話せない人

 英語が好きになり、類は友を呼ぶ的にそういう友達が周りに集まる。そうして大学や英会話スクールに短期留学を経験して気付いたことがある。英語を話すのが上手い人とそう...

記事を読む

NO IMAGE

思い出の腕時計

   昭和57年の12月に父からクリスマスプレゼントをもらいました。アルバの「20面相」(にじゅうめんそう)という腕時計です。当時テレビでは松田聖子がCMに出...

記事を読む

NO IMAGE

赤く、笑う

 最近、声を上げて、腹を抱えて笑ったのはいつだろうと考えた。なかなか思い出せなかったが、一つ思い出した。今年のいとこの結婚式で、バージンロードを歩く新婦の父が、...

記事を読む

NO IMAGE

秋田犬、大きく減少 存続危機

 母親の生家が秋田県大館市だった。JR奥羽線大館駅前には秋田犬の銅像が建っている。ここ大館は秋田犬の原産地でもある。小さいころ、祖父母に会いに行くと大きな秋田犬...

記事を読む

NO IMAGE

ピッキング被害が激減

 父が会社に出勤すると、鍵穴に何やら異物が入っていた。いたずらされたと思い、とりあえずカギ屋に連絡した。業者が数十分後に来て開けてくれたが、社内に入ってみると中...

記事を読む

NO IMAGE

別れの季節

   「サヨナラ」という言葉がアメリカでメジャーになった理由の1つに、日本人メジャーリーガーの活躍がある。「サヨナラホームラン」の時に、現地の実況が「SAYO...

記事を読む

NO IMAGE

ブラインドタッチをどうやって覚えた?

   高校の時、必修クラブで英文タイプ部に所属していた。タイプライターを使うクラブである。タイプライターに興味はなかったが、英語が好きなので英語に関係するその...

記事を読む

NO IMAGE

忘れ物

 これまで忘れ物で焦ったことがあるといえばライターだ。イーグルが表面に付いたジッポであったが、タクシーに乗ったときに置いてきてしまった。慌ててタクシー協会なると...

記事を読む

NO IMAGE

ビルゲイシ 「ツ」と「シ」の違いが分からない

 ロスに行ったときの最初の失敗。宿泊先のコンドミニアムのカギが開かず従業員に訴えた。部屋番号はキーホルダーに手書きされており、「106なんですが」と見せると、従...

記事を読む