「人を巻き込まずに一人で死ね」とは

 川崎市多摩区で発生した連続殺傷事件は地域住民に暗い影を落とした。普段と変わらない日常生活が突然切り裂かれてしまった。当然ながら被害者には何の落ち度もなく、亡くなった方には安らぎが訪れることを祈りたい。負傷された方に対してはお見舞いを申し上げたい。
 
 川崎市内に住む容疑者の男は、電車に乗って犯行現場まで来た。その途中で犯意がひるむことがなく、手袋をはめて包丁を4本所持していたというから計画的な犯行である。そして凶行に及んでいたときにバスの運転手から「何をしている」と言われると刃物を自分の首に刺して自死した。多数の被害者を出してから自分の人生を終わらせるまで30秒もかかっていないということであり、自死する前提での凶行だと推測できる。
 
 負傷者が受けた恐怖というのは計り知れないものであって、今後は心のケアで心身ともに回復していただきたい。集団登校の列に車が突っ込む、そんな事故が過去にはたくさんある。そんな事故から子どもたちを守るためのスクールバス停留所で事件は起きた。どうしたら子供たちを守れるのだろうか。
 
 驚いたのはテレビの司会者やコメンテーターの一部で、幼い子供を傷つけるくらいなら一人で死ねという考えが醸成されていることである。被害者の発言であれば当然のことであるが、番組出演者が免許を受けた放送局の電波を使って「死ね」という発言をするのはどいういう思考なのか理解ができない。
 
 女性キャスターは「自分一人で自分の命を絶てば済むことじゃないですか」といい、別の男性弁護士は「言ってはいけないことかもしれないけど、死にたいなら一人で死ねよといいたくなりますよね」と発言。さらに男性落語家は「一人頭のおかしい人が出てきて、死にたいなら一人で死んでくれって、そういう人はなんで弱い子供のところに飛び込んでんだって」などと発言した。
 
 死ぬというのは手段や目的ではなく、生物であれば誰もが受け止める宿命である。「死ね」という言葉は死を手段にする。「一人で死ね」という言葉はあまりにも冷たい。心がない。言葉を飾る体裁すらない乱暴な考え方だ。日常生活において死を手段に選べなどということがあっていいはずがない。
 
 容疑者の男が長年に渡って引きこもっていたことから、ひきこもりの人たちがあたかも犯罪を犯す予備軍的な集団と烙印が押されることが懸念されている。一度社会から脱線してしまうと社会復帰が難しくなるのが日本社会。国が行ってきた引きこもりの調査も15歳から39歳までであった。なぜ40歳以上を対象から外したのか分からない。もう打つ手はないとして見放したか。
 
 川崎の事件では過去の通り魔事件なども踏まえた上で、どうしたら子供を守れるだろうかということと同時に、どうしたら通り魔を起こすような人を作らないかに焦点が当てられた。これは報道される上で一つの前進である。犯罪者なんて普通の人とは住む世界が違うから私には関係ない、警察が捕まえてくれればそれで終わり、そんな社会の流れがかわりつつある。
 
 
 令和に入ってからインターネット上ではいくつかの事件の映像が流れた。その中で印象的だったのは、駅ビルから身を投げてしまった若い女性の映像だ。
 
 女性の行動を止めようと警察官が説得を試みていた。女性の方に向かって男性警察官が片手を伸ばしていた。女性の体と警察官の手の距離は1メートルもなかった。数十センチだった。わずか数十センチまで警察官は近づくことに成功していたのだった。時間をかけて、細く、消えそうになっていた命の灯に向かって、大事に、静かに近づいていたのだった。
 
 

USJの年間パスなどで保育士不足を解決へ? 大阪市

 大阪市は保育士不足の解決策として、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の年間パスや帰省費用の補助を導入するという。年間パスと帰省費は合わせて45000円〜85000円程度になる。大阪府は他県と比べても保育士の有効求人倍率が全国平均よりも高い。
 
 この記事の中には「全国保育団体連絡会」の副会長の言葉として、「大阪市は新規採用者の離職理由を調査したのか。USJや帰省費用の補助では解決にならない」としている。
 
 なぜUSJなのかというと、府外の短大や専門学校に「どんな補助があったら大阪市で働きたいか」と尋ねたら帰省費用の補助などがでたという。しかし、保育の現場での就労経験のない府外の学生に聞くことにどんな意味があるのだろうか。副会長が言うように新人保育士の3割が1年以内に辞めている理由を精査しなければ問題の解決にならない。
 
 上司によるパワハラ、就業時間の長さ、そしてなんといっても給与の低さという問題が明らかになっているのに、子供を育てようという旗振り役を行政はやろうとしない。
 
 金の流れとしては全く性質の異なることを承知の上であえて言わせていただくと、2018年11月に会計検査院が2017年度の「税金の無駄遣い」を示した総額が1156億9880万円であった。もっと身近なニュースだと、2016〜2018年度に、長崎県庁舎内で他の部署宛に郵便や宅配便を使って送っていたことが明らかになっている。
 
 行政による公金の無駄遣いをなくそうとする気配は毎年感じられないが、必要なところにどうしても金を流そうとしないのは何故であろう。ましてやそれが国の未来を担うこどもへの投資であるというのに。
 
 
★ 長崎県町内の文書やり取り 32件 郵便局を利用 「無駄遣い」指摘受け指導へ(長崎新聞・2019/1/31)
★ 税金の無駄遣い1156億円 指摘件数は過去10年で最少 会計検査院の決算報告(産経新聞・2018.11.9)

6日目に見つかった男の子 北海道

 
 冒険というと女性よりも男性にその傾向があるような気がする。小さいころに自転車を手に入れて遠くに移動できた。少年になってバイクを手に入れてもっと遠くに移動できた。成人になって車を手に入れて今まで行けなかった遠くに移動ができた。
 
 最近では鉄道に乗り一人旅をする女性も話題となっている。どこへ行くにも交通網が発達して便利な世の中になった。携帯電話やインターネットといった通信手段で繋がっていることも一人での行動を後押ししてくれる。
 
 北海道七飯(ななえ)町の山林で行方不明になっていた男児(7)が隣接する鹿部町で無事保護された。不明現場から数キロ離れた普段は無人の自衛隊の宿舎で過ごしていたようで、発見した隊員によれば元気な様子であったという。
 
 男児は親御さんの言うことを聞かなかったためにお仕置きとして置き去りにされた。一度は車に乗せた父親も、少し進んだ所でもう一度下ろしてその場を離れた。数分後に現場に戻ってきたときは男児の姿は無かった。
 
 現場は草木が茂っている山林地帯でクマの出没も懸念された。所持品なども発見されず、警察や消防の他に自衛隊も投入されたが何の手がかりも無く6日目を迎えたところだった。
 
 この件が海外で報道されていたことに驚いた。特にイギリスBBCは連日報道し、男児の発見時には速報を出した。子どもの教育に関心の高いがゆえの反応である。
 
 しかし大人でも困難である現場を男児はどうやってたどったのだろう。男児は携帯電話などを所持しておらず、その足取りをたどることは不可能である。冒険心のある本能が体力を維持させたのだろうか。
 
 もし、男の子の軌跡をたどれるのであれば調べてみたい。どんなスピードで山道をたどったのか。そしてもっと戻せるならば、置き去り現場となった所に戻ってお父さんに忠告したい。「お子さん、いなくなっちゃうかもしれませんよ」と。そして、もっと戻せるのならば、いたずらをして叱られていた男の子に注意したい。「家族と離ればなれになるかもしれないよ」と。
 
 男の子がいつかこの件を振り返ったときに、たくさんの人たちが捜索に関わったことを忘れることはないだろう。捜索のために尽力した関係者と無事発見を祈っていた多くの人たち、そして一人で行動して耐えた男の子の大和魂を垣間見ることのできた一件だった。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 

★ 大和君はどうやって生き延びたのか 行方不明の7日間(BBC NEWS JAPAN・2016/6/3)
 
 

振り込め詐欺を防いだ9歳の女の子

 
 宇都宮市内で、9歳の女の子が振り込め詐欺を未然に防ぐというお手柄があった。女児は「出張先で大事なものを紛失してしまいお金が必要」という女児の父親からの電話を受け、タンス預金のお金を数えていた祖母の姿を見て「テレビのオレオレ詐欺に似ている」と直感。”出張していない”の父親に電話で確認したところ詐欺だと分かった。
 
 宇都宮南署は女児に感謝状を贈った。同署署長は「父親の出張を伝えあっていたりと、家族のコミュニケーションが生きた事案」などと評価している。
 
 若いうちに勉強が必要なのは、こうした危険に遭遇したときに実際に行動をとらなければいけないからである。学んでいなければ考えが及ばないし、考えが及ばなければ行動はできない。
 
 かつて2人組のアイドル「ピンクレディー」が全盛期だったころ、「ピンクレディーのグッズをあげるからこちらにおいで」という声かけ事案が全国で発生した。事態を重くみたピンクレディーは、「よい子の皆さんにお願いがあります。知らない人に声をかけられても、ついていかないでね」とテレビを通じてファンの子どもたちにメッセージを送ったことがある。
 
 宇都宮の女児に対して啓発したテレビの存在は大きい。スイッチ一つで情報を得られることは非常に有効なのである。
 
 しかし、どんなにメッセージが送られても、危機意識の希薄な人たちに魔の手は忍び寄る。だから何度でも話し合いたい。日本は安全な国というわけではなく、危険は常に存在すること。知らない人にはついていかない、知らない電話は相手をしない、知らない儲け話にはのらない、そして、悪いやつを常に憎むというこころを忘れずにいることである。
 
  
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 小4女児がオレオレ詐欺撃退 たんす貯金数える祖母に 「テレビとそっくり」(産経ニュース・2015/12/16)