報道一覧

NO IMAGE

食事時のテレビ表現

 昨年4月、東京都江東区のマンションで殺害された女性会社員(当時23)の判決を明日に控え、日本テレビの夕方のニュースでこれまでの公判内容を再現していた。法廷は5...

記事を読む

NO IMAGE

活字媒体は生き残るか

   マガジンハウスは、40〜50代向けの雑誌「POPEYE」を12月上旬をめどに創刊する。その名も「POPEYE OilyBoy(ポパイオイリーボーイ)」。...

記事を読む

NO IMAGE

尊厳踏みにじる辛口コラム

    死刑執行には複数の刑務官が立ち会う。死刑囚が顔にマスクをかけられ、上からつるされた縄が首に添えられる。刑務官は複数で同時にボタンを押すことにより死刑囚...

記事を読む

NO IMAGE

ブログ盗用の男性アナウンサー、懲戒停職2ヶ月に

   福島中央テレビの男性アナウンサー(38)が他人のブログ内容を盗用したとして懲戒停職2ヶ月の処分を受けた。男性アナは00年11月から書いていた「アナウンス...

記事を読む

NO IMAGE

改ざんをねつ造

   NEWSという単語は、新しい物事という意味もあれば、それが東西南北(North,East,West,South)から来ているという意味もありそうだ。日々...

記事を読む

NO IMAGE

モラルとは何か

 モラルを辞書で引くと「道徳」とある。道徳を辞書で引くと「人々が、善悪をわきまえて正しい行為をなすために、守り従わねばならない規範の総体。外面的・物理的強制を伴...

記事を読む

NO IMAGE

「ブログ流行語大賞」

 ネット上でこっそりと盛り上がっている「ブログ界流行語大賞」なるものがあるそうだ。向井亜紀さんの代理母出産を暗に批判した「ここはどこだろう、まっくらだ」の朝日新...

記事を読む

NO IMAGE

酔っている言い訳・3

   一昨日のエントリーでメディアリテラシーという言葉を使ったが、今度は朝日新聞の記者が飲酒運転で摘発された。    飲酒運転に限らず報道関係者の不祥事は...

記事を読む

NO IMAGE

「容疑」で「現行犯逮捕」!?おかしな表現

   マスコミが発表する事件の記述で不思議なものがある。「東京都迷惑防止条例の容疑で現行犯逮捕」というくだりだ。    「容疑」とは疑いがある状態のことな...

記事を読む

NO IMAGE

マスコミが反省

 オウム真理教の時、メディアはこぞって教団幹部を連日出演させ、教団の教義やその方向性について疑問をぶつけていた。しかし教団の宣伝になりかねないという批判を受けて...

記事を読む

NO IMAGE

マスコミの言葉遣い

   マスメディアの言葉遣いで気になる言葉がいくつかある。     こぞって「想定外」という言葉を使っていることだ。他にも「勝ち組」「負け犬」など俗っぽい...

記事を読む

NO IMAGE

ディズニーランドに行ったことのない「辛口」コラム

 有名な検索エンジンになれてしまうと、いわゆる「サイト内検索」の使い勝手の悪さが気になって仕方がない。今回は、asahi.comのサイト内検索である。   ...

記事を読む

NO IMAGE

被災地でのマスコミ

   あの被災地での報道はどうにかならないのだろうか。被災者が食事中にマイクを向けたり、ただでさえ安眠ができないところ(体育館など)に取材陣が入ってきたり。被...

記事を読む