報道一覧

NO IMAGE

岡山女児不明事件は無事解決 報道被害をなくそう

   岡山女児不明事件は女児が無事に保護され、49歳の男が監禁容疑で逮捕されるという解決を見ることができた。男は略取誘拐容疑でも調べが進むという。この事件の解...

記事を読む

NO IMAGE

報道のガイドラインの一例

 読売新聞の場合、自殺報道の実名報道について以下のようなガイドラインを設けている。   1. その人が自殺したことがニュースであるときは実名で書く。...

記事を読む

NO IMAGE

写真週刊誌

   かつて、ビートたけし率いる「軍団」が東京都内の出版社に「殴り込み」をかけ、全員が暴行、器物損壊などの現行犯で検挙された。たけしが当時交際していた女子大学...

記事を読む

NO IMAGE

PTSDにかかる警察官、自衛官、テレビスタッフ ケアが急務 東日本大震災

 ずっと気になっていた。    東日本大震災で被災した東北3県(岩手、宮城、福島)の警察官がPTSD(Post Traumatic Stress Disor...

記事を読む

NO IMAGE

新聞記事に見る”紋切り型の表現”

決まり切った表現というのは飽きます

記事を読む

NO IMAGE

記者会見とはこういうものなのか 発言の真意 恫喝する記者 鉢呂経産相辞任

 鉢呂経済産業大臣が辞任した。「死の町」、「放射能をつける」という内容の発言の責任をとっての辞任。会見の中で放射能発言については、オフレコの立った状態で記者との...

記事を読む

NO IMAGE

「HAPPY NEWS」大賞は「満員電車 友だち10人」日本新聞協会発表

 日本新聞協会は「HAPPY NEWS 2010」の大賞として、朝日新聞夕刊、連載「はぐ」の記事「満員電車 友だち10人」にコメントを寄せた横浜市の女性(51)...

記事を読む

NO IMAGE

こんなことまで報道する必要が? 先生の”不祥事”

 先日書いたエントリ「不適切な問題作成の先生相次ぐ 良い出題と悪い出題」。そして今度は「セクハラサイコロ」なるものを作った先生がニュースになっていた。個人名こそ...

記事を読む

NO IMAGE

最近の報道で見える容疑者の顔

 最近ニュースを見ていると、警察署に入ったり出たり移送される容疑者の顔が報道されることが多い。かつては新聞でもニュースでも容疑者の顔は出たものであるが、その後は...

記事を読む

NO IMAGE

オバマ大統領「低姿勢すぎ」と酷評の米メディア きれいなお辞儀なのに

 飲食業や販売をする接客業などでは、お辞儀の練習から始まると言っても過言ではない。「会釈」がだいたい15度ほど上体を前に傾ける。敬礼が30度、「ありがとうござい...

記事を読む

NO IMAGE

老老介護の現実  進行する高齢化の問題

 このブログの中に「本日人気のあるエントリ」というのがあり、アクセスの多いものが並んでいる。最近は見なくなったが、かつては「南田洋子の認知症『介護は恩返し』長門...

記事を読む

NO IMAGE

逃げるよりも速かったツイッター 地震速報

 11日早朝の静岡沖地震のとき、ちょうどテレビを見ていた。テレビではのりピーの事件に続いて、北朝鮮で「アリラン祭」という祭りがやっていると放送していた時だった。...

記事を読む

NO IMAGE

今回は伝えたマスコミ 草なぎ君の逮捕

   SMAPの草なぎ君が逮捕されたと聞いた時に思ったのが、またマスコミはそろって及び腰になるのではないかということだった。というのも、平成13年に東京・渋谷...

記事を読む

NO IMAGE

時効成立 井の頭公園バラバラ殺人

 容疑者も真相も時効とともに闇に消えた。平成6年(94年)4月23日に、東京・三鷹市の都立井の頭恩賜公園内で、近くに住む一級建築士、川村誠一さん(当時35)の遺...

記事を読む

NO IMAGE

紙一重の紙メディア

 広告収入の減少によりアメリカの出版各社がリストラを強化している。経済誌「フォーブス」では50人の人員削減、1週間の無給休暇などを通告した。新聞社もロサンゼルス...

記事を読む