* 20210113 うるさい隣人O

0:03 近所のNが交差点で立ち止まり、こちらを睨みつけていた。
0:15 マルイエナジーの車両が停車していた。
0:21 見知らぬ大型車両が通過。
0:30 マルイエナジーの車両が通過。
0:35 隣人Oの騒音が始まる。
1:52 航空機の音がする。
2:28 航空機の音がする。
2:55 航空機の音がする。
3:16 隣人Oがわざと家の近くで会話をする。
3:44 航空機の音がする。
 
4:21 隣人Oによる騒音は私が休みの日に行われる。
4:25 隣人Oが騒音を立てる。
4:34 隣人Oが騒音を立てる。
4:39 隣人Oが騒音を立てる。
4:46 隣人Oが騒音を立てる。
4:58 隣人Oが騒音を立てる。
7:35 マルイエナジーの車両が通過。
7:41 隣人Oが騒音を立てる。
10:29 隣人Oが騒音を立てる。
11:45 Nが家の前を通過する。うちの前に来ると犬を抱きかかえる。犬が止まったから抱きかかえるのではなく、犬を止めて抱きかかえている。
12:07 航空機の音がする。
昼夜問わず謎の音による耳鳴りや体のしびれを受けている。
本日の車両通行台数は37台、航空機は5でした。

集団ストーカーとは、多数の人物による、尾行、監視、つきまといなどの嫌がらせであり、とある宗教団体が主体的に行っているとされる。
 
かつて教団内部にいた人物による書籍や、教団関係者から話を聞いたとする政党代表の選挙応援演説などから公になっている。

ネット上では、被害者による特定の精神疾患であるような書き込みが散見できるが、とりわけ集団ストーカーに関して「妄想である」などとわざわざ存在を否定する書き込みをすること自体が不自然である。

住民や職場の人間によるストリートシアターと呼ばれる小芝居、騒音を発生させるために足場が組まれたりヘリが飛来したり、電磁波攻撃を仕掛けるなど、大掛かりな嫌がらせにより被害者は苦しめられる。

(Visited 4 times, 1 visits today)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください