17歳男子高生、女性を救出 埼玉・越谷

 
 埼玉県越谷市で火災発生の際に逃げ遅れた女性(16)を救出したとして、越谷市消防本部は沖縄県立那覇高校3年生の玉城弘次郎さん(17)を表彰することにしているという。
 
 玉城さんは友人宅に遊びに来ていたときに外の異変に気づき、燃えていた家の雨どいをよじ登り2階にいた女性を救出した。同本部では、「玉城さんの勇気ある行動は自らの身の危険を顧みず人命を救助した尊いもの」などとコメントした。

 玉城さんはとっさに雨どいを使ったのかもしれないが、雨どいがなかったらきっと別の方法をすぐに見つけたに違いない。緊急時の即断というのはそれまでの知識や経験をフル動員して行われる。そうした知識などがなかった場合でもきっと何らかの方法を使って玉城さんは救出をしていただろう。
 
 話が違うが、那覇市のモノレール車内で、沖縄県内の高校2年の男子生徒(17)が財布が無くなりうなだれていたところ、男性が高校生に6万円を渡して立ち去った。その後男子高校生がこの男性を捜していたところ埼玉県内の男性医師(68)だと分かった。医師は「捜してくれていることに感激して泣けてきた」などと話しているという。
 
 こうした報道で素敵だなと思うのは、人助けを生業としていてもしていなくても、目の前で困った人を助ける術をもっている人がいるということである。そんなことを隠し持っている人がたくさんいると考えると、ちょっとワクワクしますね。
 
 
★ 沖縄の男子高校生がお手柄 火災現場から少女救出、埼玉・越谷(産経新聞・2019/5/14)
★ 「信じてよかった」6万円を貸した男性は埼玉の医師 捜していることを知り感激の涙(沖縄タイムスプラス・2019/5/10)
 

(Visited 24 times, 1 visits today)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください