大手携帯キャリアから格安SIMへ移行して1年経過

※画像はイメージ。Photolibraryより。
 
 大手キャリアから格安SIMへの移行をして1年経過。移行前はNTTドコモを実に19年利用。信頼のドコモだけあって、どこに行っても電波がつながる強さを実感でき安心して利用していました。使っていた端末はSamsung製のGalaxyS4で、こちらも性能的には満足でした。
 
 ただ、長年ドコモを使っていてこれといった大きな特典を感じられなかったという点、そして月額料金に対して不満を抱くようになり、話題であった格安SIMについて調べることとなったのです。
 
 格安SIMに移行するにあたって、調べなくてはならない点がいくつかあります。まず基本料金がどれくらい下がるかということと、これまで使っていたオプションサービスが充実しているかどうかという点です。
 
 実際にドコモから移行したDMMモバイルにはそうした不安を払拭するサービスがありました。
 
 基本プランですが、選んだのは「通話SIM 1GBプラン」というもので、税込み1360円です。ドコモで利用していた「かけホーダイ」のようなプランはありません。通話は30秒で20円となるので、通話を重視すると割高になります。自分から発信することが少ない場合はこうしたプランでも充分ということです。これは1GBのデータ利用が可能で、使わなかった分は翌月に持ち越されるので無駄がありません。
 
 電話を確実に逃さないためには留守番電話サービスは必要です。「スマート留守電」というサービス(税込み313円)があり、留守電アプリを利用することで相手のメッセージをメール添付の音声データで受け取ることが可能です。スマホの電源を切っていても着信の有無がパソコンでも分かるということです。
 
 ちなみに音声は機械的に読み取って「文字起こし」してくれるので、不完全ではあってもそのメールで留守電の内容を読み取ることができます。
 
 大手キャリアのようなリアル店舗がないので、端末故障時の保証サービスが重要となります。セキュリティソフト+端末交換という保証サービスが税込み543円で受けられます。
 
 端末も新しいものに変えました。MotorolaのMOTO G4 Plusで分割購入しています。
 
 直近の月額利用料金ですが、以下全て税込みで基本料金1360円(データ通信1GB)、セキュリティ&端末交換サービス・ユニバーサル料金が543円、端末割賦代金が1903円、留守番サービスが313円で総合計が4119円です。通話発信はなかったので0円です。
 
 ドコモの時が7000円ほどの料金になっていましたが、新たに端末の割賦代金を負担していてもドコモの半分近くまで節約できるようになりました。みなさんもいかがでしょうか。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 

(Visited 10 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。