TuneCore JAPANで音楽配信に挑戦

 もともとパソコンを始めたのが作曲がしたかったからなのだが、ここへ来て個人でも手軽に音楽配信できるようになった。個人でも販売できるということである。
  
 tunecoreJAPANというサイトで無料でアカウントを作成。音楽ファイル(wav)とジャケット写真、曲や歌の情報を入力して登録する。すると、tunecoreJAPANから「配信審査を受け付けました」というメール、そしてその90分後に「配信手続開始」のメールが来た。これにて配信が始まったことになる。
 
 登録した曲は、”Idol In Summer”というタイトルで、アーティスト名は私、”Nono”である。実際に検索してみて一番早かったのが「kkbox」での配信だった。これが確認できるまで27時間程度。他の所はどうなっているかというと、以下のようになっていた。
 
 iTunes Store(日本)では、タイトルが「アイドル・イン・サマー」、アーティストが「のの」。
★ 該当ページへ
 
 iTunes Store(英国)では、”Idol In Summer”、”Nono”となっていて、ウクライナ版でも同じだった。
 
 iTunes Store(中国)では、、、ストアがない。。。ということを確認したら、iTunesミュージックの「中国」から「日本」やその他の国に戻れなくなった。焦ったが左上にある、「ムービー」をクリックして下にスクロールすると、右下に中国国旗が出てきてそこから脱出した。
 
 アマゾンでは、「アイドル・イン・サマー」、「Nono」となっている。

  
 Amazon.comの場合は、”Idol In Summer”、”Nono”となっている。
★ 該当ページへ
 
 レコチョクでは、「アイドル・イン・サマー」、「Nono」。
★ 該当ページへ
 
 ストリーミングサービスのSpotifyについてはどうなってるか分かりません。。。
 
 一番早く配信の確認ができた「kkbox」では、”Idol In Summer”、”NoNo”となっていた。
 
 曲名や表記にばらつきがあるが、これは私が登録したときのミス(?)によるもの。国内外での表記を全て、”Idol In Summer”、”Nono”にすればよかったが、国内の表記の部分に「のの」と入力したために、iTunesStore日本版では「のの」と平仮名になった。「のの」なんて名乗ったことなかったのに。(※こちらも参考に→「登録したアーティスト名と配信ストアの表記が違う」tunecoreJAPAN
 
 こうした楽曲情報は本契約年である1年間固定され、その間は修正することができないので、日本語表記と外国語表記をするかたは留意してください。契約年数は、シングル、アルバム、リングトーン(着信音)ともに、1年、2年、3年とあり、長期のほうが割安となる。
 
★ tune core JAPANによる、”Nono”の該当ページへ

iTunes GooglePlay Amazon
1 Idol In Summer
2 Plenty Of Love
3 Many Types Of Kisses
4 It’s A Small Rate
5 Let Me See You
6 A Tree Closer To The Sky
7 Omu-rice

※ 違法ダウンロードサイトがあったら検索結果に出さないように要請します。
★ 著作権侵害の報告(Google)
★ 著作権侵害による削除(の申し立ての結果・Google)
 
★ 違法アップロード・違法ダウンロード対策に効果てきめんのGOOGLE八分(playism・2014/7/18)
 
 名前だけでも世界に競合が多く憂鬱になりますが、興味ある方は視聴だけでもしてくださいませ。
 
 以上、よろしくお願いいたします。 Nonoより。
 
 
☆ 人気ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
 
 

(Visited 392 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。