死ぬ権利を実行した女性、息を引き取る 米国・オレゴン州

シェアする

 
 
 末期の脳腫瘍のため激しい痛みに晒されていた女性が自ら尊厳死を選んだ。29歳。
 
 米国・オレゴン州のブリタニー・メイナードさんは、今年の1月に末期の脳腫瘍と診断され、尊厳死を選択できるオレゴン州に移り住んだ。尊厳死支援団体がブリタニーさんについて動画投稿サイトに動画を発表したところ、大きな反響があったという。
 
 「私は尊厳を持った死を選択し、今日がその日です。世界は美しく、旅は多くのことを教えてくれ、親友や仲間たちは多くのものを与えてくれた。さようなら」などとソーシャルメディアに投稿した。

 ブリタニーさんは、医師から処方された薬物を自ら投与し、家族に看取られて息を引き取った。
 
 国内外で議論を呼んだ。アメリカUSA TODAY紙では反対意見として、

「脳のガンで亡くなることはとても怖いことだが、伝統的なカトリックの家で育った人間としては自殺は受け入れられない」(”Brain cancer is a horrific way to die but, being raised traditional Catholic, suicide still a no-no.)

というコメントがあった。
 
 彼女の行為は自殺か。自然死以外は事故死か自殺である。彼女の行為が宿命づけられていたのだとしたら、それは自然死になりうるかもしれない。
 
 病気の苦しみはなった者にしか分からない。死の選択もそれをなした者にしか分からない。人の宿命とは闇である。いずれ誰もが死を迎える。その死に際して、国内外から議論が起こる尊厳というものを彼女は手に入れた。尊厳もなく死に至る人もいるというのに、である。
 
 
☆ 人気ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ Brittany Maynard, right-to-die advocate, ends her life(USA TODAY・14/11/2)
★ 脳腫瘍女性が「尊厳死」実行 ネットで宣言、議論呼ぶ 米(時事通信・14/11/3)
 
 
 
 

(Visited 48 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。