未熟と早熟

lylic
 
 一般的に、若いときと言うのは恵まれている。お金に困らず、時間は無限に使うことができ、親が守ってくれて社会も味方してくれる。周りには友人がいる。
 
 大人になるとそうはいかない。お金は十分使えず、時間は限られており、周囲は守ってくれず、友人は遠くにいる。 
 
 しかし、物事は見方を変えることで理解の範囲も広がる。
 
 基本的に、未熟者は役に立たない。自分では稼げず、時間を浪費し、親に甘え、社会と敵対する。周りの多くの友達には迷惑をかける。
 
 早熟すると、大人になると、お金は自由に使え、時間は調整でき、周囲を守ってあげることができる。遠くの友人に会いに行くことができる。
 
 どうやら、物事発生の芽というのは完熟するまでに様々な過程や変化があり、熟する実の色は決まっていないようである。

 
 
☆ 人気ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
 

(Visited 89 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。