2020年夏季オリンピック・パラリンピック、東京で開催決定 IOC総会

 アルゼンチンのブエノスアイレスで開催されていた、2020年の夏季五輪の開催地を決める総会で、東京がイスタンブール(トルコ)、マドリード(スペイン)を破り、東京での開催が決定となった。東京での開催は56年ぶり2回目。
 
 日本時間の8日午前3時45分より、IOC(International Olympic Committee =国際オリンピック委員会)委員による電子投票が行われた。1回目の投票で東京は42票を獲得し1位通過。2回目の決選投票で東京は60票を獲得してイスタンブール(36票)を破った。
  
 東京は治安面で安全な大会が開催できること、既存の施設を利用して半径8キロ圏内でコンパクトな運営ができること、開催にかかる費用はすでに積み立ててあることなどをアピールポイントした。
 
 一方で、東京電力福島第一原発事故による汚染水流出事故が懸念材料となっていたが、政府が責任を持って対処することを強く訴えていた。安倍首相も現地入りして直接IOC委員に訴えかけた。
 
 イスタンブールは「中東初の五輪」、「ヨーロッパとアジアの間に位置」などをアピールしたが、反政府デモの拡大が不安材料となっていた。隣国シリアの内政不安もマイナス要因とした働いた。
 
 マドリードはフェリペ皇太子が積極的にスピーチ。東京と同様に「コンパクトな五輪開催」をアピールしたが及ばなかった。
 
 開催地は東京ではなく日本である。日本ではあるがアジアである。アジアではあるが地球である。平和の祭典の”紛争”というのは何度でも起きて欲しい。金メダルを獲得する主役はアスリートたちだが、金色の開催チケットは”黄金の国”が手に入れることができたのである。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 2020年五輪開催地 東京に決定(日テレニュース24)
★ 東京五輪開催決定 決選でイスタンブールに60対36(朝日新聞)
★ 五輪招致(読売新聞)
★ 20年五輪:東京開催が決定 56年ぶり2回目(毎日新聞)
 
 

(Visited 10 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。