ちょっといい言葉 名言から〜3

 
 世の中に悪が栄えるのは、我々がノーと言う勇気を持たないためである。 (S.スマイルズ) 
  
 ※ 見て見ぬふり。聞いて聞かぬふり。五感を捨てる無責任さ。
 


 
 思いやりをもって行動しなさい。しかし感謝されることを期待してはいけない。(孔子)
  
 ※ 昔の人はいいことを言いますが、今の人はいいこと言わないのは何故でしょう。英語で「孔子」のことは、Confucius (コンフューシャス)と言います。「こうし」と言っても通じません。
 


 
 失敗の言い訳をすれば、その失敗がどんどん目立っていくだけです。(シェイクスピア)
 
※ 口数の多い人というのも似ている。
 


 
 自分の悲しみをだれか好きな人に打ち明けることができれば、その時、悲しみはほとんど消える。(アベル・ボナール)
 
 ※ 処方箋とは必ずしも薬だけではないということ。
  


 
 新聞に「低俗な番組を放送するな」と投書する人は、わざわざ選んで低俗番組を見る。(マーフィーの法則)
 
※ 番組に不平を言う人はなぜその番組を見るのでしょうね。
 


 
 学校で教えることも必要だけれども、教えているのは過去のことなんだ。ほんとに問題なのは、未来なんだな。(本田宗一郎)
 
※ どれだけ未来について考えなかったかという過去を学ばないと未来は創れない。
 


 私たちは自分に関係のない事柄についてのみ、真に公平な意見を述べることができる。公平な意見がいつも価値をもたないのは、このためである。(オスカー・ワイルド)
 
※ 耳が痛い。自分のことをどれだけ理性的にかけるか悩ましい。
 


 
 苦しみは、弱い者にとって閉ざされる扉であり、強い者にとっては開かれゆく扉である。(アルマフエルテ)
 
※ 扉を、開けましょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
  
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 

(Visited 28 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。