相棒11(Eleven)最終回 ひこうきぐもの恋愛

 
 警視庁組織犯罪対策2課長が死亡した。現場の状況から毒キノコによる中毒死と判断されたが、不自然な点が多かったことから秘密裏に捜査が行われた。特命係の杉下右京(水谷豊)と甲斐亨(成宮寛貴)も独自に捜査を始める。
 
 そして甲斐のスマートフォンにウイルスが仕込まれ、特命係の行動が筒抜けになっていたことも発覚。警視庁サイバー犯罪対策課の協力で、それが某国大使館付近から発信されたものと判明する。後に外為法違反容疑のある男を割り出すが、彼に接触していた女性に事情を聞くことになる。
 
 どんな状況下にあっても、男女の恋愛というのは不変だったと感じさせるところである。かつての「相棒」に、男にだまされた女がだまされたと分かった後でも、男に感謝する話があった。数式のように答えが出るものばかりではなく、解なしという考え方が必要なのが人間の本能だ。
 
 しかし、どんな恋愛が展開されようとも、そこに犯罪があってはならない。人が他人によってあやめられる理由は存在しない。被害者がいれば当然その周りの人々も傷がつけられる。人の命というのは傷つけられるものなのである。
 
 この話では男女の愛情も良かったが、後半にある組織犯罪対策5課の角田課長が良かった。友人の死に対して男泣きをするのだが、友情というのも何事にもかえられない貴重品である。
 
 話の中で飛行機雲が見えていた。恋愛とは飛行機雲のごとしである。曇っていては見えない、そして人の力で飛び立つものがなければ、青空に直線を描くことはできないのである。
 
  
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 「相棒11」始動:新相棒はやっぱり○だった(本ブログ・12/10/11)

★ 水谷豊(プロフィール・Yahoo!検索)
★ 成宮寛貴(TOP COAT)
★ 鈴木杏樹(JAPAN MUSIC ENTERTAINMENT)
 
★ 川原和久(劇団ショーマ)
★ 大谷亮介(FATHER’S CORPORATION)
★ 山中崇史(劇団扉座)
★ 六角精児(劇団扉座)
★ 山西惇(株式会社キューブ)
 
★ 神保悟志オフィシャルサイト
★ 片桐竜次(ブログ)
★ 小野了(有限会社活動屋)
 
★ 相棒Eleven(テレビ朝日)
 

(Visited 36 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。