ジョブズを見習え 盗難にあったアップル製品を追跡する方法(2014/10/16更新)

シェアする

 
 
 昨年死去したApple創業者の一人、スティーブ・ジョブズ氏の自宅(米・加州)が盗難被害にあった。現金やMacなどが盗まれたが、アップル社製品の盗難追跡システムで犯人の居場所を突き止めて、35歳の男が逮捕された。
 
 では、盗まれたアップル社製品を追跡するにはどうするか。iPhoneやiPad、iPodでもできるが、MacBookPro(2010)で設定する。iPhoneやiPadも事前に設定してください。
 
 1. サービス利用にはiCloudのIDが必要。IDを持っていないかたは、下記でIDを作成してください。
 
● AppleID
 
 2. Macのシステム環境設定で「iCloud」をクリック。
skitch-6
 
 
 2. 一番下の「Macを探す」にチェックを入れる。この際に出てくるメッセージに「OK」をクリック。
skitch1
 
 3. iPadやiPhoneでは、iOSの設定→プライバシー→位置情報サービス→iPadを探すで、iPadを探すをオンにする
 
 これでマックなどのデバイスを探す準備ができた。次に実際に探してみる。

 1. iCloud(https://www.icloud.com/)にアクセス
 
skitch-4
 
 
 2. 上から二番目左の「iPhoneを探す」をクリックすると、登録されてる機器が表示され、現在地がマップで表示される。
skitch-3

 
 
 ここまでくれば、盗難にあってもある程度の場所が特定できそうだ。誤差は20メートルほどだった。盗んだ犯人にメッセージを表示させることもできる。音を鳴らすこともできるが、消音にしても最大音になるということだ。
  
 4. 地図にある緑色の円をクリックし、設定ダイアログを開く。
skitch-2
 

※ 「サウンドを再生」をクリックすると警告音が鳴り響く。
skitch
 

 
 もっとも音を出すのは、無くしたアップル製品追跡中、限りなく近づいた時がよいだろう。
 
 ジョブズ宅に入った犯人が、ジョブズ氏の家と知っていて入ったかどうか定かではない。しかし、この手の機器を盗むと簡単に追跡されることを泥棒する人達は知っておいたほうがよい。ちなみに上記方法は、MacでもiPhone、iPod、iPadでも設定できるが、追跡できるのは既知のWIFIにつながっている時だけである。有線でネット接続されている時にはこのシステムは利用できない。
 
 ぜひ、お試し下さい。
 

(使用OS等:Mac OS 10.9.5,MacBookPro2010)
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ iCloud 「iPhoneを探す」の概要(アップル)
★ MacBookProにCDシングル(8インチCD)を入れてしまい出てこなくなった!
★ 【怒】Apple社ソフトのシリアル番号どこだよ【怒】
★ ジョブズ氏:自宅が盗難被害 パソコンから容疑者発覚(毎日新聞・12/8/15)
 
 

(Visited 150 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。