岡田有希子の最後のシングルが26年ぶりに復活 「くちびるNetwork」

 86年に発売された岡田有希子さん(当時18歳)のヒット曲「くちびるNetwork」がカバーでよみがえることとなった。岡田さんの所属していた芸能事務所「サンミュージック」が、女性10人組アイドル「さんみゅ〜(β)」をインディーズデビューさせることにともない、26年ぶりに同曲を復活させる。
 
 同グループは「自分たちがノリノリで歌っている曲をお母さん世代も一緒に歌えるって素敵なこと」と感激しているという。4,5日に東京・お台場青海特設会場でのイベントで初披露する。
 
 「くちびるNetwork」は、作詞を松田聖子(50)、作曲を坂本龍一(61)が手がけて話題になった。しかし発売から3カ月経った86年4月、東京・四谷の同社の入っていたビルで岡田さんが投身自殺。生前最後のシングルとなった。当時岡田さんは同じ事務所でもあったことから、「ポスト松田聖子」と称されており、自殺は大きな社会問題となった。ファンのショックは大きく、その後も毎年、自殺現場にファンと見られる人たちの献花が絶えなかった。
 
 同年代のアイドルというのはとても気になる。当時学校から帰るとテレビのワイドショーで彼女の自殺を報じて大変なショックを受けた。歌唱力や容姿はファンを魅了し、これからという時期の訃報は信じられなかった。今でも春になるとくちびるNetworkをよく聴く。新緑の芽生える季節に、”遠い星へと旅してみたい”と、行ってしまった、”リトルプリンセス”を想うのである。
 
 
 

★ 故・岡田有希子さんの名曲、26年ぶりによみがえる(産経新聞・12/8/2)
★ くちびるNetworkの歌詞(うたまっぷ歌詞無料検索)
 
★ さんみゅ〜(β)(Sun Music Group Official Web Site)
 


 
 

(Visited 186 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。