旧万世橋駅が商業施設に カフェなどを設置 東京・千代田

シェアする

 昔の駅や町並みの跡をたどるのは結構面白い。3歳くらいのころ、東京の幡ヶ谷(渋谷区)に住んでいた。そんな小さい時でも一部記憶が残っているもので、近くを京王線が地上を走っており、踏切があることまで覚えていた。
 
 その後、大人になってから近くに住み、久しぶりに懐かしの家周辺を歩いた。かつての京王線は京王新線と名前を変えて地下に潜った。かつての地上線路は遊歩道になっていた。しかし、どこに「幡ヶ谷駅」があったのかが気になったが、のちにネットでそれを発見することとなった。”駅”近くにやけに広い道路が途中で寸断しているところがあり、そこが駅だった。 
 
 旧国鉄の「万世橋駅」(まんせいばしえき=東京・千代田区)もその面影をJR中央線から見ることができる。神田駅とお茶の水駅間に草が線路より高く茂っている部分がホームに当たる。駅舎はないが、階段などが今も残っているという。
 
 今後、この「万世橋駅」にカフェやテナントを入れて商業施設にするとJR東が発表した。万世橋が地理的に分からないかたは、「秋葉原の南」と考えると分かりやすい。電気の街秋葉原を管轄しているのは、万世橋署であり、この”万世橋”から取っている。そして同名の橋も実在する。新たな商業施設は憩いの場として賑わうことであろう。ついでに駅も土日限定で復活させたらどうかと思うが、それは少し無理か。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 旧国鉄万世橋駅、商業施設に ホームにカフェも(読売新聞・・12/7/4)
 
 

(Visited 29 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。