小6男児に殴る蹴る 動画の加害少年を別件で逮捕 兵庫・赤穂

 兵庫県赤穂市で、小学6年生の男児(12)が中学3年生の男子生徒(14=赤穂市)に殴る蹴るの暴行を受け、その様子が動画サイトに公開されていた問題で、兵庫県警赤穂署は、この男子生徒を別の傷害容疑で逮捕した。動画の内容についても調べを進める。被害を受けた男児は市教委に対して「痛かった」などと話している。
 
 逮捕された少年の容疑は、3人の少年(すでに逮捕済み)と共謀し、7月上旬に市内で定時制高校1年の男子生徒(15)に対して殴る蹴るの暴行をし、全治1週間のケガを負わせた疑い。4人とも容疑を認めている。
 
 動画に映っている公園内では、複数の中学生が夜に集まってタバコを吸うところが近所の人に目撃されている。
 
 殴られている被害男児と中学生の関係がよく分からないが、自分より小さい相手に殴る蹴るという行為をするところが分からない。
 
 この動画のコメント欄に「こうやって男の子達は成長していくものだ」と好意的なコメントが見られる。多かれ少なかれ、男の子はこうした経験をしたり見たりすることもあるだろう。
 
 しかし危惧すべきは、こうした行為が常態化してさらにひどくなることである。殴る加減が強くなり、相手が降参してもやめなくなる。そして、相手が希望していなくても暴行を続けるようになってしまっては大事に至る。有形力の行使は悪いことばかりである。
 
 男の子を強くさせるのであれば、スポーツをすればいいことである。野球でもサッカーでも水泳でもマラソンでも、ルールの中で相手を負かすことなら大いにやればいい。その勝負は勝っても負けても、周りが賞賛してくれることであろう。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 

★ 十数回殴る蹴る 複数の少年が小学生暴行傍観 兵庫県赤穂市教委、いじめ「明らか」(産経新聞・12/7/19)
★ 暴行動画:別の傷害容疑で中3逮捕 兵庫県警(毎日新聞・12/7/19)
 
 

(Visited 92 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。