クラス全員年間無欠席 東海大学付属第四高等学校3年5組 目標達成まであと… 札幌

 スキージャンプの原田雅彦さんやモーグルの里谷多英さんら著名人を輩出した学校のようだ。東海大学付属第四高等学校(札幌市南区=白川裕久校長)の3年5組の生徒が1年間無欠席で卒業を控えている。同校の記録達成は1964年以降1度あるだけであり、目標達成まで残りの2日は、29日の卒業式予行練習と3月1日の卒業式のみとなっている。
 
 同校の学校通信「東海の風46号」を読むと、同クラスは昨年4月6日から25日までは無欠席が続いていた。5月26日には男子生徒側から病院遅刻か欠席という連絡があったが4時間目に登校。5月6日にはインフルエンザで出席停止となった生徒がいた。6月、女子生徒の親から「体調が悪く休みます」「大会前なので無理です」と連絡がある。
 
 担任の河上清孝先生はホームルームで「終わりました」というと、生徒は「は〜」と「怒りマーク100%」だったという。しかし、1時間目を終えたあたりでその女子生徒は登校。彼女は「なにさこれ〜!100%なんて、うちには関係ないし!こんなんで無理して学校来て身体壊したら誰が責任取るのさ!明日から大会だよ〜!」と話した。彼女に対してクラスの何人もが「休むなよ!」とメールやら電話をしていた。この日をきっかけに3年5組は一つになった。
 
 その後、40度近く熱があっても点滴を受けての登校や、インフルエンザか否かで高熱の中、病院と学校を行ったり来たりした生徒もいた。その生徒は結果的にはただの風邪だった。
 
 河上先生は「無理矢理に学校に来させるつもりは毛頭無かった。記録よりも目標への意欲、何か一つでもクラス全体で頑張りきった証(想い出)が欲しかっただけなのである」と語る。
 
 
 しかし3年5組のみなさん、常に上には上がいますよ。
 
 アフリカ大陸のキリマンジャロ(標高5895メートル)の登頂に成功した米国人男性がいるのです。彼の名前はカイル・メイナードさん(25)。彼は先天性四肢切断という障害を抱えています。「五体不満足」というベストセラーを出した日本人の乙武洋匡さんをご存じかと思いますが、カイルさんも生まれつき手足がない身体なのです。
 
 正確に言うと、カイルさんは両肘と両膝から先がない状態で、普通の人でも大変な山の頂を目指したのです。地上60センチの高さを這ってのぼるというのは想像を超えます。そしてついに登頂に成功したそうです。
 
 3年5組も、体調が悪かったり、点滴をしながら登校するなんて無茶だなと思いましたが、カイルさんも相当無茶。そんなカイルさんがアメリカで出版した本は「No Excuses(言い訳しない)」だそうです。目標達成を控えた3年5組のみなさんは、この1年間振り返って、何か言い訳することがありませんよね。
 
 卒業まであと登校2回。無欠席達成まであと2日。予行演習の29日は4年に一度の貴重な日ですね。卒業へのカウントダウンとして体調を整えておいてください。みんなと達成できる大切な日を忘れないで。そして翌1日には、いつか振り返ることのできるような、卒業の瞬間を。
 
  
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 達成なるか、クラス全員年間無欠席 東海大四高3年5組(朝日新聞・12/2/26)
★ 東海大学付属第四高等学校 
★ 両手両足のないカイル・メイナードさんがキリマンジャロの登頂に成功! 前人未踏の挑戦にこめられた思い(ロケットニュース・12/2/26)
★ 2月29日(本ブログ・08/2/29)
 
https://twitter.com/#!/silver_light18/status/173766340509843457
https://twitter.com/#!/Behappy_taka/status/173805038223900672
https://twitter.com/#!/mirinonn/status/173803889995415553
https://twitter.com/#!/tate_hisa/status/173757963201290240

(Visited 113 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。