警視庁と神奈川県警が都県境で合同訓練 県境での事件発生に対処

 テレビ朝日系ドラマ「相棒シーズン7」の11話「越境捜査」では、警視庁と神奈川県警が合同で事件解決のために奔走する。警視庁組織犯罪対策5課の角田課長率いるメンバーとともに杉下右京が銃刀法違反(拳銃の不法所持)容疑で男の逮捕に向かうが逃げられてしまう。現場が神奈川県との都県境であることから、警視庁と神奈川県警の合同捜査が始まる。その事件の解決を見ることになるが、もう1つの合同捜査が展開されることになる。
 
 この話は実際に起きた事件をモチーフにしていると思われる。92年7月、神奈川県警の捜査員数人が強盗容疑の男(当時23)を逮捕するために神奈川県大和市内のホテルに向かった。男を取り押さえようとしたが、男は拳銃を発砲して逃走した。
 
 男が銃を持っているということを予想していなかったため、捜査員全員は拳銃を所持しておらず、丸腰で男と対峙することになった。その結果、銃撃を受けた捜査員1人が死亡した。トラックで逃走を図った男に対して捜査員1人が車体にしがみついたが振り落とされて重傷を負った。
 
 男は逃走中に通行人に対して銃撃をして負傷させたあと、神奈川県と東京都町田市のと都県境で行方不明になった。このため県警は警視庁と連携して男の行方を追うことになったが、男の行方がはっきりしなかったことに加え、県を越える場合の連携の取り決めがなかったこともあり現場は混乱することになった。
 
 捜索の結果男の潜伏先が判明し、警視庁の特殊部隊が男を逮捕することになった。この事件を機に警視庁と神奈川県警の連携が考えられることとなった。
 
 警視庁と神奈川県警は11月24日、都県境での事件発生に対処するため合同で訓練を行った。JR町田駅付近で事件発生との想定で行われ、無線の連絡方法などが確認された。
 
 東京都町田市は地理的に特殊である。逆二等辺三角形の形をした町田市が神奈川県内に食い込む形になっている。そのため町田市内で重要事件発生時には、警視庁のみならず隣接する神奈川県警7署(相模原、相模原南、大和、瀬谷、緑、青葉、麻生)の協力が不可欠だ。
 
 繁華街であるJRと小田急線の町田駅周辺では事件が多いが、駅の西部は神奈川県相模原市南区が隣接する。都県境が複雑に入り組んでおり、緊急配備などの連携がうまくいかなければ92年のような事件の再発が懸念される。
 
 今回の合同訓練はそうした事件発生に迅速に対処するためのものである。東京、そして政令市となった相模原市では人口急増に伴い事件事故発生が多くなっている。周辺治安維持のために警視庁と神奈川県警の協力関係は維持されなくてはならない。そして、この地域のみだけではなく、全国でも都府県境での連携体制を整える必要があるだろう。
 
  
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 

★ 町田警察署(警視庁)
★ 警視庁と神奈川県警、都県境で合同訓練(日テレNEWS24・11/11/25)
 
 
 

(Visited 205 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。