iTunesストアでのレンタル 「グーニーズ」を観た

 前から気になっていたiTunesストアでの映画レンタルをしました。レンタル代は300円。1,000円で購入することもできますが、そんなに観ることのない映画のために1.6GBもHDDを占領されるのは気が引けます。ですので、今回はレンタルしてみました。
 
 レンタルしたのは85年の映画「グーニーズ(Goonies/日本語字幕版)」です。恐らくDVDを購入すれば、他の映画同様に字幕のオンオフ、英語か日本語の吹き替えを選ぶことができるのでしょうが、本作品ではレンタルも購入も日本語字幕は常にオン、音声は英語というものでした。字幕を消したり英語の字幕を観たいといった英語の勉強したいかたは実際のDVDを買った方が良いかも知れませんね。

 映画本編1時間54分(ダウンロードサイズは1.61GB)を約40分かけてダウンロードしました。フレッツ光ならもっと速いであろうに、Wimax(最高下り40Mbps)だとこれくらいの実力です。同じ環境のかたは参考にして下さい。
 
 このiTunesストアでのレンタルの良い所は、当たり前ですが借りに行く手間と返しに行く手間が省けるということです。特に見終わった後にそのまま放っておけばよいというのは楽ですね。しかし、ダウンロードしてから30日以内に見なくてはなりません。そして見始めた場合、48時間以内に見終わらなくてはなりません。ただし時間内であれば中断することはできます。それ以降は見ることができませんので注意です。
 
 さて、懐かしい映画のグーニーズ。フラテリー一家のメンバーが脱獄を図る所から始まる。メンバーが家族と合流し、海辺にある廃墟となっているレストランをアジトとする。
 
 一方、そのエリアに住んでいた少年グループ「グーニーズ」のメンバー一家は立ち退きが迫っていた。「もうグーニーズは終わりだね」と言っていたところ、メンバーの屋根裏から宝の地図の様なものを発見した。「片目のウイリー」の伝説を記した書も見つかる。
 
 「そんなものはでたらめだ」というメンバーもいたが、あと数時間で家を去らなくてはならない「グーニーズ」は宝探しを始めることとなった。
 
 片目のウイリーが仕掛けた数々のトラップをかいくぐって、メンバーは宝のありかまでたどり着く。宝を手にすれば家族を救えるはずである・・しかし・・。
 
 本編にも歌手として登場し、本作の主題歌「Goonies ‘R’ Good Enough」を歌っているのはCyndi Lauper(シンディローパー)である。80年代の洋楽を席巻したアーティストの一人。
 
 世知辛い世の中、こうした「おとぎ話」は身の回りに起こることは滅多にないであろう。そんな幸運をたやすく手に入れることはできない。ただ、そうしたおとぎ話を語ることはできる。おとぎ話を語る相手がいるということでも、人は幸せを感じることができるはずである。
 
 
☆ そのコインは取ってはダメよ。誰かの願いや夢がかかっているのよ。(ステファニー=マーサ・プリンプトン「グーニーズ」)
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
  
 

(Visited 71 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。