なでしこジャパン、金メダル優勝世界一 初の決勝戦でアメリカとPKまでもちこむ大接戦

シェアする

 1981年に結成された日本女子サッカーチーム。30年の時を経てワールドカップの決勝へ臨み、アメリカを相手にPK戦で3-1で勝ち、金メダル、初優勝となった。
 
 前半、パスミスが目立った日本。15分を過ぎた時点でアメリカに6本のシュートを打たれた。アメリカはそうしたチャンスをなかなかものにできない。タテに入るパスなどで日本も5本のシュートを放つが、なかなかキーパーを脅かすまでにはいかずに前半終了。
 
 空中戦は体の大きいアメリカに取られがちであり、彼らの腰より低い部分でのフットワークを生かせばなでしこジャパンにもチャンスが来たであろう。
 
 後半、24分にアメリカのモーガンがシュートを決めて0-1に。そのあと35分、宮間が左足でシュートを決めて同点となった。その後、なでしこはシュートまで持ち込める好戦状態になった。
 
 同点のまま延長戦に入り、ワンバックにヘッドでシュートを決められ1-2に。そして延長後半10分、澤がコーナーキックからのボールを右足でシュートを決めて再び2-2の同点に。その後、岩清水がレッドカードを取られた。ペナルティキックだったが、全員でブロックした。
 
 延長戦が終了し、PK戦に突入することとなったが、海堀の好セーブ、そしてアメリカがシュートを2連続で外す中、なでしこはPK戦2-1の時に熊谷がシュートを決め、この瞬間、優勝が決まった。
 
 決して楽な試合ではなかった。前半はアメリカの攻撃的なシュートに翻弄されたが、外されたことで助けられた部分もあった。しかし、後半からはなでしこのペースをつかみ始め、細かいパスワークなどは観客から拍手がわいた。そしてPK戦を迎える直前に円陣を組んでいたなでしこ達と監督は笑顔だった。それが実力を呼んだのだ。
 
 佐々木監督は「小さな娘たちがよくねばってくれました」と笑顔でコメントした。ニューヨークタイムス電子版は、「”絶対にまけない”精神を象徴するゴールだった。それはまた、今年初めの破壊的な地震から立ち直りつつある日本の姿勢をも示した」と絶賛した。

 こんなに興奮する試合は久しぶりだ。小さな戦士が大きなアメリカ相手にがんばった。ありがとう、なでしこジャパン。青のユニフォームは遠い日本の空までつながっていました。「なでしこ」の意味は、なでるように愛しい子。それでいて強くて、周りの人をも笑顔にできる天から与えられた素敵な才能。
 
 
★ 日本サッカー協会公式サイト
 
★ 世界がなでしこを賞賛(産経新聞・11/7/18)
★ なでしこ世界一:「日本女性はこんなに強いのか」(毎日新聞・11/7/19)
★ 国民性の違いなのか…なでしこ優勝にドイツ驚嘆(読売新聞・11/7/18)
★ 海外メディア、なでしこ絶賛「復興の国に自信」「伝説」(朝日新聞・11/7/18)
 
 

(Visited 19 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。