”火事場泥棒”の大学生ら逮捕 東電原発避難指示区域の民家で窃盗 埼玉県警

 東北地方太平洋沖地震で被災した地域で窃盗事件が相次いでいる。警察当局は取り締まりに力を入れているが、現場は県外からのボランティアや工事関係者などが多数入っており、ただちに不審者だと特定することもできない。
 
 埼玉県警川越署は20日、川越市内に住む、東京国際大学3年男性被告(20)=窃盗罪で起訴=と、同市内の無職少年(19)を窃盗容疑で逮捕した。県警によると2人は4月、福島県広野町の無職男性(63)宅に侵入し、現金127万円などを盗んだ疑い。当時、現場は東京電力福島第1原発事故の影響で屋内退避区域になっており、被害男性宅は無施錠のまま県内の知人宅に避難していた。男性宅周辺では窃盗被害が数件確認されており、同署で関連を調べている。
 
 川越市内で金庫が捨てられているのが見つかり同署で調べていたところ、被告らの関与が判明した。2人はレンタカーを使って現場まで行っていた。2人は「避難して誰もいないので金が盗めると思った」などと供述している。
 
 がれきなどが残っている現場では人もまばらだが、こうした時に「声かけ」が有効であるという。ボランティアなのか、どこに向かっているのかなどを聞くことが防犯上役に立つであろう。
 
 今回逮捕された男らは悪質である。わざわざレンタカーを借りて被災地に向かっている。犯意が躊躇することはなく計画的で悪質である。一度警察に捕まれば、ことあるごとにマークされることになるだろう。未来ある逮捕された若者よ、今後はせいぜい肩身の狭い思いをして生きていってください。
 
  
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 屋内退避区域の民家狙い空き巣 容疑の東京国際大生ら逮捕(産経新聞・11/5/20)
★ 埼玉の大学生ら、原発避難の民家狙い127万円窃盗容疑(朝日新聞・11/5/20)
★ 警察機能が回復した宮城県警 被災しても強い警察(本ブログ・11/5/13)
★ ”火事場の泥棒”を許すな 東北地方太平洋沖地震に便乗(本ブログ・11/3/16)
 
 

(Visited 84 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。