「HAPPY NEWS」大賞は「満員電車 友だち10人」日本新聞協会発表

シェアする

 日本新聞協会は「HAPPY NEWS 2010」の大賞として、朝日新聞夕刊、連載「はぐ」の記事「満員電車 友だち10人」にコメントを寄せた横浜市の女性(51)に決めた。
 
 記事は都内の保育園に通うため、満員電車に乗る女性会社員(38)、長女(6)親子が同じ時刻の同じ車両に乗るうちに、見知らぬ乗客らとの交流が生まれ、10人を超える「電車友だち」が出来るようになったことを紹介。
 
 女性のコメントは「私も子育て時代に助けてもらったように、子連れの人を手伝って、電車で楽しい出会いを期待したいと想いました」とした。審査では「子育て世代の先輩が温かいメッセージを送った」と評価した。
 
 女性会社員は「記事をきっかけに電車内で声をかけていただき、友だちになった方もいるんですよ」と語る。
 
 ハッピーニュースは素晴らしいが、このニュースを読んでもう1つ感じたこと。応募が15,570件あったことだ。身近には少なくとも、15,000件を超えるハッピーがあるのだということ。
 
 受賞した話はとても些細なことだ。しかし人の心を潤してくれる思いやりというのは、こうした些細なことの方が大きい。小さな思いやりが大きなハッピーを作るなんて、こういうことなら明日にでもすぐ実行できそうだ。
 
  
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。 

★ 「Happy News大賞」発表 日本新聞協会(朝日新聞・11/4/5)
★ Happy News 「財布泥棒はカラス」(本ブログ・05/4/6)

(Visited 65 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。