同じなのに悲しい差別

シェアする

 神奈川県小田原市の中学校で中1の女子生徒(12)が同級生をナイフで切りつけた事件があった。女子生徒はサッカー日韓戦の翌日、父親が韓国籍であることをクラスの男子生徒にからかわれていた。その後に被害者の女子の同級生(13)が「お前の席じゃない」と言って女子生徒が座っていた椅子を押した。女子生徒が同級生に切りかかったのはこの後のことだった。神奈川県警小田原署は女子生徒を傷害の非行事実で小田原児童相談所に通告した。
 
 子供というのははっきりものを言う残酷な生き物だ。だから間違ったことを行いは大人が正さないといけない。群馬県でも母親が外国人であることをからかわれた小学生の女の子が自殺した。クラスは学級崩壊状態であったといい、担任教諭の力が子供たちに及ばない状態であった可能性がある。
 
 デブだチビだと露骨に批判することの多い子供たち。しかし自分の体に親のどんな血が流れていることかを選んで子供は生まれてくることはできない。そんな仕方のないことを攻撃するというのは卑劣な行為なのだ。しかし、だからといって同級生にナイフを向けて良い理由にはならない。
 
 差別をする者というのは、そもそも良好な人間関係を築くことができない考えの持ち主だ。だから子供たちには差別よりも善悪を区別する力を養わなくてはならない。近くにいる大人がぜひ教えてあげなくてはならないことは、目には目を歯には歯をではない。別の方法で復讐をするのである。
 
 それでは別の方法とは何か。正しい振る舞いをしている者に人は必ず付いてくる。悔しい思いをしたのであれば、差別という下劣な行為をした者が恥ずかしくなるくらいに立派な人になることである。立派じゃなくても差別などしない正しい人であることだ。
 
 それを証明した人がいる。サッカー日豪戦で得点を決めた李忠成選手(25)だ。彼は在日コリアン4世である。「堂々と本名を名乗りながら日本のためにがんばる在日がいてもいい」と決めた人である。小田原の女子生徒が共感できる日が来ることを望む。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 「父の国籍で嫌がらせ」小田原市立中の同級生切りつけ(産経新聞・11/1/29)
★ 李忠成「父さん、やったよ!」日本のためにがんばる在日4世(朝日新聞・11/1/30)
★ 「いじめが原因」と提訴 小6女児自殺で両親 群馬(時事通信・10/12/27)
★ 追手門大が「いじめ否定できない」と謝罪 理事長ら幹部8人処分へ(産経新聞・10/12/27)
★ インド人学生自殺はいじめか 人権救済申し立て 追手門学院大学は当時調査せず(本ブログ・10/8/31)
★ 郵便局で職場内いじめ 腹蹴られ、退職強要される 公務災害認定で解雇取り消し 静岡(本ブログ・10/7/4)
★ 職場のいじめで不安障害、抑うつ状態を発症 富士通の元女性社員に労災認定 大阪地裁(本ブログ・10/6/23)
 
 

(Visited 31 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。