警視庁”特命”刑事、9年前の殺人犯を逮捕 ”特命”設置後初

 2001年4月、東京都豊島区池袋本町のアパートで、無職男性(当時66)が刺殺された事件で、警視庁捜査1課は近くに住む派遣社員の男(56)を殺人容疑で逮捕した。男は当初、難病を抱えていたため捜査対象から外されていたが、その後の科学捜査の進歩で事件現場から採取されたDNAが男のものと一致した。男は「身に覚えがない」と容疑を否認している。
 
 事件は4月28日午後5時50分ごろ発生。男性が居間で布団をかぶっているところをアパートの経営者が発見して警察に通報、男性の背中に刃物で刺されたあとがあることから池袋署は殺人事件と断定、特捜本部が設置された。死後1週間以上が経過していたとみられていた。
 
 警視庁は昨年11月、捜査1課内に「特命捜査対策室」を設置、未解決となっている約50の事件を新たな科学捜査手法などを用いて捜査していた。同室設置後初の摘発事例となった。捜査対象となっている事件としては、2001年に新宿・歌舞伎町で44人が死亡したビル火災事件などがある。
 
 池袋の事件はその後、目立った続報が無く捜査は難航していたものとみられる。再捜査で洗い直すことによって、当時見えなかったものが見えたり、科学捜査で新たに判明することもあるだろう。殺人事件の捜査本部は一定の時期を過ぎると解散して捜査規模を縮小されて行われることもある。それだけに特命捜査対策室の今後の活躍が期待される。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 警視庁に”特命”新設 時効間近の重大事件を扱う(本ブログ・09/11/2)
★ 殺人:9年前の容疑で逮捕 未解決事件再捜査で 警視庁(毎日新聞・10/9/28)
★ 未解決「特命捜査」、9年前の殺人容疑者を逮捕(読売新聞・10/9/28)
 
 

(Visited 106 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。