ブルーマンデーというけれど・・・・

 
 ある総合病院で調剤ミスの発生率を調べると、月曜は高く、火曜日に減少、水、木と再び上昇し木曜日が高くなる。金、土曜日に減少するのだという。大手運送会社の事故発生率も木曜日が高くなるのだという。(*)
 
 俗にブルーマンデーというが、言うまでもなく週末明けの勤務で憂うつになることである。それに伴い仕事上のミスも誘発する。
 
 ここで月曜日を敵視しない方法を考えたい。もっといえば土日祭日以外の日を有意義に過ごす方法を考えよう。
 
 よく「あと2日で休みだ!」ということを考えるが、冷静に考えるとそれはもったいないことである。1週間のうち平日のほうが多いのは明白。であれば、週に2日しかない週末のことよりも平日を有意義に過ごすことを考えた方が人生も楽しいというものだ。
 
 ブルーマンデーを迎えずに済むためには、前の日、つまり日曜日の夜に平日よりも早めの就寝を心がければよいのだ。持ち物などの準備もしておいた方がよい。月曜日の朝は何かと忙しいからだ。翌月曜日の朝は10分でもいいから早めに家を出よう。
 
 嫌だ嫌だと考えながら働いていると時間が経つのが遅くなり平日があまりにも苦痛になる。仕事のうち何か1つでも自己流で早く上手に終わらせる方法を見つけるといい。小さな仕事でもこだわりを持つことで楽しくなるし、時間が経つことが早くなり、平日が少しずつ愛おしくなる。
 
 ミスを誘発するような上の空で仕事をするくらいなら、もっと時間と大切につきあいたい。その上で「今日は特にいいこともなかったけど悪いこともなかった」、そんな週5日が過ごせたら毎日が楽しくなる。今すぐ自分なりの時間の刻み方を考えてみよう。平日は「平凡な日」ではなく、「平和の日」。
 
  
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。 
 
 
(*)参考=(読売新聞大阪朝刊「今日のノート」魔の曜日・2000/9/14)
 
 

(Visited 102 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。