訃報:ラッシャー木村さん死去、誤嚥(ごえん)性肺炎のため68歳

シェアする

 また昭和を飾った著名な人が逝った —————— 元プロレスラーで2003年からプロレスリング・ノアの終身名誉選手会長に就任していたラッシャー木村さん(68)=本名:木村政雄=が24日午前5時30分、腎不全による誤嚥(ごえん)性肺炎のため死去した。プロレスリング・ノアの公式サイトで発表した。

 木村さんは大相撲からプロレスに転身。アントニオ猪木、ジャイアント馬場、ジャンボ鶴田らの人気レスラーとともにプロレスを盛り上げた。

 試合終了後のマイクパフォーマンスは人気で、観客からは「マイク!マイク!」とパフォーマンスを求めるマイク・コールが起こるほど。かつての志村けんさんの番組でも、桑野信義さんがこのマイクパフォーマンスを真似するほどであった。

 03年3月の試合を最後に体調不良により長期休養に入り、04年7月、ビデオレターで引退を表明していた。
 
 木村さんは1941年6月に北海道で生まれた。58年に大相撲宮城野部屋に入門したが、64年にプロレスラーに転向した。
 
 ホームページによると、遺族の意向により、通夜、告別式は親族のみで執り行うといい、「明日の富山大会にて、10カウント弔鐘(ちょうしょう)を鳴らして、故人の冥福を祈る」と掲載されている。ラッシャー木村さんのご冥福を心よりお祈りいたします。
 
 
★ プロレスリング・ノア公式サイト
★ ラッシャー木村さん:死去、68歳=元プロレスラー(毎日新聞・10/5/24)
★ 元プロレスラー ラッシャー木村さん死去(朝日新聞・10/5/24)
 
 

(Visited 47 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。