堕胎させた医師と、プロの写真家の罪 聞き慣れない罪2つ

シェアする

 不倫関係の女性に子宮収縮剤を投与して流産させた、東京慈恵会医科大学付属病院の腫瘍・血液内科医の男(36)は、相手の同意を得ずに堕胎させた、不同意堕胎容疑で逮捕された。相手の女性に「錠剤はビタミン剤」などとメールを送信し、相手を信用させた。警視庁捜査1課は女性をだますための工作と見ている。男は容疑を否認している。
 
 錠剤が効かなかったことから、女性宅に持ってきた点滴パックに子宮収縮剤を入れて点滴させ、結果的に流産させた。この点滴パックには男の指紋は無かった。証拠隠滅工作だと思われるが、持参したのに指紋が付いていない点が逆に不審点を生み出す結果となっている。
 
 聞き慣れない罪名だが、堕胎罪というのは、本人が意図的に堕胎したり、他人が相手の同意を得て、または同意を得ずに堕胎させる行為を罰する。当たり前のことだが同意の有無など関係ない。命が宿ったときから、その胎児に対して法律は保護する方向に働くのだ。
 
 聞き慣れない罪がもう一つ。写真家の篠山紀信さん(69)が、東京・港区内の青山墓地で写真集のためのヌード写真を撮影したとして、公然わいせつ罪と礼拝所不敬罪で略式起訴された。公然わいせつ罪は当然だが、礼拝所不敬罪も適用したところが興味深い。
 
 篠山さんは「悪いことだと知りつつ撮影した。撮影中に人に見られないように見張りを置いたが、配慮が足りなかった」と語っているようだが、見張りの有無に関係なく、公の場所であれば公然わいせつ罪になりうる。著名な写真家なのに非常に残念なことである。
 
 礼拝所不敬罪はその字のごとく、墓地や礼拝所などで不敬な行為をした者を罰する罪だ。墓地でのヌード撮影はまさに不敬な行為であり、篠山さんは反省しなくてはならない。
 
 以上の罪は、宿った未来を殺す罪と、失った過去を敬わなかった罪。どちらも見えない命を軽視した犯罪である。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。 
 
★ 第二十四章 礼拝所及び墳墓に関する罪(政府の電子窓口)
★ 第二十九章 堕胎の罪(政府の電子窓口)
★ 不同意堕胎:逮捕の医師「ビタミン剤」と交際女性にメール(毎日新聞・10/5/20)
★ 篠山紀信氏を略式起訴 墓地でヌード撮影 東京地検(朝日新聞・10/5/20)
 
 

(Visited 30 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。