モバイル無線ルータでソフトバンクと契約せずiPadを フレッツ光の契約者に月額500円でレンタル NTT東

シェアする

 14日、NTT東日本は、小型無線ルーターを「フレッツ光」契約者を対象に月額500円で貸し出すことを明らかにした。これを持ち歩けば、常に公衆無線LAN環境があることになり、iPadやネットブックなど、WIFIを使ったネット通信が楽しめる。iPadはWIFI対応版と3G+WIFI対応版があるが、後者の場合はソフトバンクと新たな回線契約をする必要がある。しかし、このNTT東がレンタルを開始するルーターがあれば、ソフトバンクとの契約はせずに、WIFI対応版のiPadを利用できる。
 
 ルーターは6月下旬からレンタルを開始。公衆無線LANや3G携帯電話回線、つまりドコモの回線を利用することになる。WIFI+3GのiPadは、SIMロックでソフトバンク回線しか利用できないが、これにより一つの選択肢が増えたことになる。
 
 実際の利用料は、フレッツ光の利用料(月額合計3000〜6000円)+ルータレンタル代500円+定額データプラン4410円の合計となる。フレッツ光利用者に限定せず、他の利用者にもルータ利用を促進した方がよいだろう。他社で小型ルーターを提供しているのは、WILLCOMやイーモバイルなどがある。
 
 では何ギガのiPadが良いだろう。最近では本体に記録したファイルをためずに外部にためておくDropboxのようなサービスがある。これがあれば、ファイルをドラッグドロップで専用のフォルダに移し、自宅のPCで取り出す、そしてその反対もすることができる。ストレージサービスを有効に使えば、モバイル本体にデータを保存する必要も少なくなるだろう。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。 
 

 
 
★ モバイルWI-FIルーター:好評で売り切れ続出 NTT東のSIMロックフリーは8月上旬(毎日新聞・10/7/2)
 
 

(Visited 16 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。