相棒Season 8の最終回 特命係の杉下右京と神戸尊は・・・?

tokyomet_police

 「この6ヶ月間、僕が杉下さんを調べていたのですか?僕が調べられていたんですか?」
 
 杉下右京警部との新しい「相棒」となった特命係の神戸尊警部補。神戸が運転する車が走行中にオービス(自動速度測定装置)に捉えられた。しかし通常1回フラッシュがたかれるのに、2回光ったことに疑問を抱くことから話は始まる。
 
 当初から神戸はなぜ特命係に配属になったのか疑問を持ちつつも、特命係がこれまで同様に事件解決をするのと同様に2人は協力していく。そして杉下は折に触れ「無理して僕の仕事に着いてくる必要はありませんよ」と神戸に告げてきた。杉下は神戸の役割を知っていた。
 
 IT、つまりインフォメーション・テクノロジーが社会の基盤となっていることは便利である反面、その運用は慎重を期する。ハードウエアは従順にも人間の要求に応えることだろう。しかしそれが人間の要求を超えたとき、人間は所詮アナログにしか物事を処理できないことを知らされる。
 
 何度か書いてきたことではあるが、1つの組織にいると、また、1つの組織しか知らないことで、常識と非常識が交錯することがある。その組織の中でどれだけ自分を見失うことなく進んでいくかということが大切だ。
 
 すき間に入り込んでくる”組織の常識”に身を投じなければいけないとしたら、我々は本当に正しい道を進む信念を持っているだろうか。
 
 杉下と神戸の”相棒”は終了した。そしてこの2人で新たな「相棒」としての特命係が始まるのである。我々の日常生活でも新たな生活を迎えることができるのは、自分の役割を知り、そしてためらうことのない第一歩を踏み出したときである。
 
 
☆ 苦しみは、弱い者にとって閉ざされる扉であり、強い者にとっては開かれゆく扉である。(アルマフエルテ)
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。 
 
★ 「相棒」Season8 始動、どうなる杉下・神戸のコンビ(本ブログ・09/10/14)
★ 特命係に神戸尊(及川光博)がやってきた 「相棒 Season7」最終回(本ブログ・09/3/18)
★ 特命係の亀ちゃん、相棒を卒業(本ブログ・08/12/18)
★ 相棒Season8(テレビ朝日)

 
 

(Visited 165 times, 2 visits today)