卒業の季節 あなたにとっての人生の転機とは

シェアする

 寒い冬から春へと移っていく。春は卒業の季節でもあり、出会いの季節でもある。別れを惜しむような思い出も、同時に新しい門出を迎えることができて気分が一新されることもある。人生は何が転機になるか分からない。
 
 北京五輪競泳銅メダリストの宮下純一さん(26)は、「あの刑事さんの言葉で、スイミングを続けられた」という。中学1年の時に水泳の帰り道で高校生から恐喝にあった。「警察に言ったら学校まで行くぞ」と脅された。その後に弟ら家族と交番に行く。「怖くてふるえが止まらなかった」という。
 
 その後、地元の警察署少年課の刑事が現金を取り戻し、宮下さんに渡そうとした。しかし宮下さんは「犯人の握ったお金は怖くて握れない」と受け取らなかった。すると刑事は自分の財布からお金を取り出し「これなら持って帰れるね」と声をかけてくれた。身体の震えは止まり、安心して水泳を続けることができたという。その様子を横で見ていた宮下さんの弟は警察官を目指すことになり、昨年鹿児島県警の警察官になった。
 
 福岡県築上町の築上西高校上城井分校では、たった1人の卒業生である門田沙綾さん(18)が卒業した。卒業式では亀田俊隆校長が「一期一会を大切に、豊かな人生を歩んでください」と述べた。門田さんは「親身に接してくださった先生方に支えていただいた。これからもくじけることなく、前に進んでいきたい」と述べた。同校は門田さんの卒業をもって閉校した。
 
 愛知県豊根村の村立富山中学校では中井衿佐さん(15)の卒業式が開かれた。中井さん1人が卒業生だ。加藤弘文校長は「思い出を大切にする人は未来を大切にする人。そんな人になってください」と祝辞を述べ、中井さんは「先生方の教えを胸に、夢の実現に向かって進んでいきます」と誓った。
 
 振り返ると転機だったものが何か分かる。上記「1人卒業式」で、それぞれの校長先生は「一期一会を大切に」といい、「思い出を大切にする人は未来を大切にする人」と語った。そうした教えを守れる人というのは、何を転機にするのかを考える想像力がある人であり、未来を作ることができる人というのは、それがいつか思い出になることを知っている人なのである。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。 
 
★ 「刑事さんの言葉」に感謝 競泳五輪銅メダリストの宮下さん 鹿児島(時事通信・10/1/12)
★ 上城井分校60年の歴史に幕(読売新聞・10/3/7)
★ 「先生の教え胸に」1人だけの卒業式 愛知・豊根村(朝日新聞・10/3/6)
  
★ 余命半年の元校長 最後の授業 延地和子さん(本ブログ・
★ 別れの季節(本ブログ・08/3/30)
★ 贈る言葉(本ブログ・07/3/8)
★ 小さな親切(本ブログ・06/12/4)
★ 留学生を支えた善意(本ブログ・06/5/6)
★ 桜の年度末(本ブログ・06/3/27)
 
 

(Visited 80 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。