元アイドル女性に懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決 東京地裁 傍聴希望者は3030人、倍率144倍

 覚醒剤取締法違反(所持・使用)の罪に問われていた、元アイドルの女性被告(38)の判決公判が9日午前11時半にあり、東京地裁の村山浩昭裁判官は懲役1年6月、執行猶予3年の判決を言い渡した。
 
 傍聴希望者は前回10月26日の公判の6615人よりも少なく、3030人が21の傍聴席を求めて列を作った。倍率は144倍となった。
 
 先の公判で被告は、自宅と奄美大島での所持と使用を認め更生を誓ったが、検察側は懲役1年6月を求刑し、量刑が争点となっていた。
  
 村山裁判官は、「被告人の覚せい剤に対する親和性、執着性は明らかであり、常習性、依存性も認められる」と述べた。弁護側の「覚せい剤に対する依存性はない」という主張には「失当である」と一蹴した。
 
 被告は、白いハンカチを握りしめ、裁判官の判決理由を静かに聞き入っていたという。
 
 
☆ 有名になって成功したけど、ふと私の人生って何だろうと思うことがあります。(松田聖子)
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
 
 
 

(Visited 73 times, 1 visits today)