「処分かわいそう」拾得ネコ逃がした警察職員訓戒処分 兵庫・尼崎(2009.10.7)

 兵庫県尼崎市内の警察署会計課に勤務する30代の男性職員が、拾得物として預かった迷いネコを故意に逃がしたとして、県警から所属長訓戒の処分を受けた。放されたネコは見つかっていない。
 
 職員は「飼い主が見つからないと処分されてしまいかわいそう。ネコの命を助けたかった」と話している。
 
 県警によると、4月8日に男児(9)が首輪のついたネコを交番に届けた。連絡を受けた職員は「飼い主が数日間見つからなければ、動物愛護センターで処分される。ネコを逃がせば家に帰るはず」と考え、交番の警察官に対して猫を拾われた場所に戻すように指示。拾得の経緯を記した書類も破棄した。
 
 ところがその翌日、飼い主が「ネコを探している」と交番を訪れたことでネコが逃がされていたことが判明。所轄署でネコのポスターを作って近所に配るなどして捜したが、現在も行方不明のまま。
 
 県警監察官室は「ネコの命を救いたいとはいえ、不適切。公文書の破棄も問題。飼い主のことを考えて慎重に扱うべきだった」としている。
 
 拾得物を管理すべき警察職員が、勝手にそれを”なかったことにした”行為は問題である。殺処分されるネコのことを考えたとはいえ、非難されることは免れない。現在も見つかっていないだけにネコの行方を案じてしまう。首輪のついたネコを見つけた尼崎市民のかた、最寄りの交番に届けてください。
 
 尼崎市によると、市動物愛護センターでは、年間約700匹の子猫が殺処分されている。「猫を飼うときには終生飼養が飼い主の義務であり、不幸を繰り返さないためにも不妊・去勢手術を受けさせてください。事故やケガ、伝染病防止の観点から室内での飼育をおすすめします」などと呼びかけている。
 
 ネコを逃がした職員は考えるべきだった。職員と同じように、心配して署を訪ねるかもしれない飼い主と、交番に届けた9歳の男の子の気持ちを。
 
  
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 猫の飼い主の皆様へ(尼崎市)
 

★ 犬猫殺処分ワースト1返上へ 福岡県が本腰(本ブログ・09/3/10)
 
 

(Visited 174 times, 1 visits today)